9/1から第3回定例会が始まります。片山かおるの一般質問は9/9(金)10:00から

9/1から第3回定例会が始まります。とんでも議案の、公立保育園廃園条例が、全員協議会の審議途中であるにもかかわらず、出てきました。

片山かおるの一般質問は9/9(金)10:00からとなりました。

子どもの権利保障の重要な役目を負う、子どもオンブズパーソンがようやく開設となります。

2009年に子どもの権利条例が制定される前から、何度も勉強会を開き、条例が制定されてからは、オンブズ設置について、求め続けてきました。

厚生文教委員会でも川西市や松本市、川崎市、市民と一緒に世田谷区などにも視察に行っています。

子どもの権利に関することについて、しばらくぶりの質問となります。コテコテの質問通告になってしまいました。

子どもの権利を真っ向から打ち砕く、保育園廃園問題に対する、子どもオンブズパーソンの調査が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1. 居住支援と女性支援について

1)7月に開設された居住支援相談窓口の相談や支援状況を、居住支援協議会はどのように把握し充実をはかるのか。居住支援協議会設立にかかる開設イベントや講演会など、市民への周知は。市内不動産店への協力の呼びかけは。住まいがない人への支援と、生活保護への速やかな連携は行われているのか。

2)福島原発事故被災者等、被災者の居住支援は。

3)困難を抱えた女性への女性支援法に基づく支援体制と居住支援の課題は。

4)実行性のある居住支援を行うために、市内での居住支援法人設立の支援を。

2. LGBTQへの理解の取り組みとパートナーシップ制度の充実

1) 学校での生徒指導提要の改訂に基づく、LGBTQへの理解を求める取り組みの検討は。保育現場での配慮は。

2)LGBTQ当事者による講演等を企画しないか。当事者の声の把握は。

3)パートナーシップ制度の見直しや充実の検討はどのような状況か。

3.子どもの権利保障の要となる「子どもオンブズパーソン」に

 

9/1開設の「子どもオンブズパーソン」は市民の長年の要望だった。子どもの権利条例策定委員会の答申では、相談救済の実行的な機関の設置が求められていたが、当時の市長が提案した条例案からは外されていた。2009 年に子どもの権利条例が制定された後、13年経って、ようやく設置されるが、子どもの権利保障の要となるため、どのように市の施策に切り込めるのかが重要な課題である。

1)開設イベントや、学校、保育所などへの出張授業など、市民や子どもへの周知は。

2)子どもの権利条約、権利条例に掲げる、子どもの権利の侵害に対し、市に是正が求められた場合、市は子どもオンブズパーソンの勧告を受け入れ、速やかに是正すべきである。昨年7月から続いている公立保育園廃園問題は、子どもが権利の主体であること、子どもが安心して生きる権利、ゆたかに育つ権利、遊ぶ権利、育ち学ぶ施設での子どもの権利、子どもにやさしいまちづくりの推進等に反する、権利侵害の最たるものであるが、市はどのように認識しているのか。

8/27 困っている人に寄り添う ための実践講座 Part3 第6回「国立Jikkaでの女性支援のあり方」

困っている人に寄り添うための実践講座 Part3

〜「生活保護は国民の権利」を実現するために私たちができること〜

2021年6月から、小金井や多摩地域での支援体制を作るために、考え、実行する講座を始めました。Part1の1回目は元ケースワーカーの田川英信さん、2回目は反貧困ネットワークの瀬戸大作さん、3回目は、つくろい東京ファンドの稲葉剛さん。Part2の4回目は府中緊急派遣村の松野哲二さんと元八王子市議の陣内やすこさんに、生活困窮者支援の状況や、生活保護制度の活用方法など、実践的な話を語っていただきました。

各回の講演はYouTubeでご覧いただけます。

Part3として、小金井で2022年4月に設立された居住支援協議会をどう活用するか、女性の貧困問題など、多摩地域の支援団体の人たちに、支援現場の話をお聞きします。

第5回 7月16日(土)17:00〜19:00

「多摩地域や小金井での有効な居住支援とは?居住支援協議会をどう活用する?」

大嶽貴恵さん

※2019年居住支援法人(株)こたつ生活介護入職、同グループ(一社)高齢者住まい相談室こたつの代表。現在立川市居住支援協議会の元で住宅確保要配慮者居住相談窓口に携わる。

吉田涼さん

※福島県出身の29歳。二児の父。「安全な住まいと 安心な暮らしを すべての人に」というライフテーマのもと、社会福祉士・精神保健福祉士として相談援助を行なっている。

第6回 8月27日(土)14:00〜16:00

「国立Jikkaでの女性支援のあり方」

遠藤良子さん(NPO法人くにたち夢ファームJikka代表)

※Jikkaでは、DV・虐待被害当事者や生活困窮女性への居住や同行や就労の支援、電話相談などのパーソナルサポート、オープンスペースなどに取り組んでいます。

場所:小金井市市民会館3F 萌え木ホール(小金井市前原町3-33-25)

参加費:各回500円(カンパ歓迎)会場参加50人 オンライン参加100人

申し込み・連絡先:困っている人に寄り添う小金井の会

042-316-1511  yorisoukoganei@gmail.com

8/28「避難者が置かれている住宅問題とは?」避難の協同センターオンライン学習会VOL.4

避難の協同センター主催のオンライン学習会の4回目です。

「避難者が置かれている住宅問題とは?」

日時:2022年8月28日(日)16:00から

お話:熊本美彌子さん(福島県田村市から東京に避難)

原発事故避難者が住宅を追い出され、住まいの権利を求める裁判が行われている現状をお聞きします。

申込は以下から(ズームのリンクがすぐに入手できます)
https://bit.ly/3A6sgti

8.27「東電刑事裁判、控訴審の弁論再開を求める!」8.27オンライン報告会

福島原発震災情報連絡センター主催

東電刑事裁判、控訴審の弁論再開を求める!」8.27オンライン報告会

 7月13日、衝撃的で画期的なニュースが全世界をかけめぐりました。
 福島原発事故をめぐり、東電旧経営陣の個人責任を認める判決です。
 東電株主代表訴訟で、東京地裁民事8部(朝倉佳秀裁判長)が、原告らの請求を認め、被告4人に対して、連帯して13兆3,210億円の損害賠償の支払いを命じたのです。
原発過酷事故の危険性がゆえに万が一にも事故を起こさないようにしなければならないと認定。
 6月17日付最高裁判決の多数意見とは真逆の判決であり、刑事裁判と同じ証拠に基づき、被告武藤、被告武黒及び被告小森は原子力担当役員として、2008年に推本の長期評価にもとづく津波対策が避けられないと説明を受けながら、津波対策を講じなかったのは任務懈怠であり、被告勝俣及び被告清水は、2009年2月の御前会議における吉田部長の発言にもとづき、対策を命ずることは可能であったとして、その責任を認めたのです。
 この株主代表訴訟の判決は、刑事裁判の東京地裁の不当な無罪判決を覆すものです。
 福島原発刑事訴訟の控訴審は、6月6日に結審しましたが、東京高裁は、弁論を再開して審理を尽くす以外にありません。私たちは、弁論再開を強く求めています!
この間の経緯を報告し、皆様の更なるご支援をお願いいたします。
「東電刑事裁判 控訴審の弁論再開を求める!オンライン報告会」
・8月27日(土) 10:00~12:00
・報告者    佐藤和良 いわき市議
         福島原発震災情報連絡センター 共同代表 
         福島原発刑事訴訟支援団団長 
         福島原発告訴団副団長 
         東電株主代表訴訟原告
         脱原発福島ネットワーク世話人 
         これ以上海を汚すな!市民会議共同代表
・申し込み はメールで
       careful163@catv296.ne.jp
       090-5213-5254 (大野)
        8月25日締め切り

8/6『杜人(もりびと)〜環境再生医 矢野智徳の挑戦』小金井上映アフタートーク動画公開

8/6に開催した『杜人(もりびと)〜環境再生医 矢野智徳の挑戦』小金井上映 前田せつ子監督&纐纈あや監督によるトークの動画を公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=EO6uLSSoi6Y

『杜人』製作秘話を伺うことができます。

上映翌日の片山の感想をFacebookに投稿していたので、ご参考ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8/6、『杜人(もりびと)〜環境再生医 矢野智徳の挑戦』小金井上映は、大盛況で終わりました。
映画館でもやっていたし、これから自主上映も続くだろうに、なぜ小金井にこんなに?と思っていましたが、どうも東京での自主上映はこれが初?だったのかも。。
ぜんぜん、そんな認識してなくてすみません。。
映画館でももっとやってほしかった映画です。
でも、自主上映のハードルが低い料金設定になっているので、ぜひ各地域での上映もお試しください。
私は映画館で観ていたので、観てないスタッフの人たちに入ってもらうために、ほとんど外の受付にいたので、時々ちらりと観るぐらいしか映画を見れず残念。
小金井ではまた再度上映してもいいのかも。環境フォーラムとか、そういうところでもいいんじゃないかな。
映画監督で『杜人』スーパーバイザーの纐纈あやさんと、『杜人』監督の前田せつ子さんのトークがとてもよかったのです。
録画を公開できるといいのですが。
前田さんがどうしても映画の主人公となる矢野さんの大地再生の様子を記録しておきたかった気持ちがよくわかりました。
まずは、矢野さんのところで働いたこともあるドキュメンタリー映画監督の纐纈あやさんに、矢野さんの記録映画をお願いしたけど、あやさんは、矢野さんの深夜まで続く作業の様子をよくわかっていたので、固辞されたそう。
そして数年後、再び前田さんは纐纈さんにお願いしたけど、さらに固辞。
その次に前田さんがあやさんに会いに来た時は、自分自身が撮る、と決意してからだったそう。
映画制作の経験がなくても何年にもわたって、この人を、このことを、撮りたい、と思い続け、実現できることは素晴らしいことです。
『杜人』はそんな前田さんの思いのたけが詰まった映画なのだと思います。
そして映画パンフが全て完売。50部じゃ足りなかった。。。
サントラも買ってほしかったな。。
次は東村山や国立でも自主上映されますよ。あきる野でもどう?長崎ではどう?と声かけしておきました。
※昨日は、とてもとても気になっていた人たちに何人か会えて、お話できてほっとしました。
辛い思いをしている人たちに、どう声かけしていいのか、よくわからず、とても気になりながら後回しにしてしまうことが多いのです。
人の死に対しては特にそう。本当は寄り添いたいけど、寄り添い方がわからないのだと思う。
人の悲しみに、寄り添ったつもりになることの方が、心が苦しくて。