「片山かおるのちょっとカエル通信」106号を発行しました

議会のお知らせとなる、「片山かおるのちょっとカエル通信」106号を発行しました。

保育園廃園問題が紛糾し、刻々と状況が変わるため、なかなか記事が確定できず、発行が遅くなってしまいました。これから順次、朝の駅頭などで宣伝していきます。

片山かおるの一般質問は、6/9(木)13:15ごろからの予定です。

ちいさき声をすくいあげる、よだかれんさんと語ろう! 〜トランスジェンダー、非正規問題、沖縄の基地問題、憲法と人権と平和〜

ちいさき声をすくいあげる、よだかれんさんと語ろう!

〜トランスジェンダー、非正規問題、沖縄の基地問題、憲法と人権と平和〜

日時:2022年6月6日(月)19:00から

場所:小金井宮地楽器ホール(市民交流センター)小ホール

参加費:500円

主催:山本太郎応援団@koganei

問い合わせ:090-2460-9303(片山)

予約:yamamototaro.koganei@gmail.com

講演:

よだかれん(新宿区議/行政書士)

今年は、沖縄が日本に返還されて50年という節目の年です。私は返還の年、1972年に愛知県豊橋市で生まれました。父の転勤により導かれるように沖縄に渡り、小学6年生から高校1年生までを過ごしました。多感な時期をまだまだ戦争の爪あとを感じる環境で過ごしたことで、「戦争と平和」「国家と国民」ということがとても気になる大人へと成長しました。この沖縄で過ごした日々が、私の人としての・政治家としての土台です。衆参ともに改憲勢力が大勢を占める状況に居ても立ってもいらず、新宿区議会議員の職を辞して国会を目指すことといたしました。憲法改悪阻止!同性婚!選択的夫婦別姓!アニマルウェルフェア!張り切って参りましょう!

ゲスト:

大石あきこ(衆議院議員/れいわ新選組 政策審議会長)

1977年大阪市生まれ。

元大阪府職員で16年間働き、2008年には人気絶頂だった橋下府知事(当時)の就任直後、サービス残業に抗議し話題に。

維新府政、都構想推進に疑問を持ち続け、2018年10月退職。2019年4月大阪市淀川区から大阪府議会議員選挙に無所属で立候補。13,702票をいただくも敗れる。

2020年2月れいわ新選組の衆議院大阪5区の予定候補者として活動開始。

2021年10月の衆議院選挙にて、近畿ブロックの比例で復活当選。現在、内閣委員会に所属し国会の茶番を指摘し続ける傍ら、地元大阪のカジノストップ活動を続ける。

片山かおるの一般質問は6/5(日)16:45からと、6/9(木)13:15からの予定

6月5日(日)16:45から15分間予定

「小金井の貴重な自然財産の野川とハケの生態系をもっと知ろう」

野川とハケの自然に魅せられて、小金井に住む市民も多い。しかし、都市計画道路問題が解決しない中、都立武蔵野公園くじら山下はらっぱや、その周辺に照明やスピーカーが設置される計画まで浮上し、野川とハケの生態系が危機にさらされている。

野川の清流化や蛍の復活、はらっぱをそのまま残し、第三調節池にさせなかった市民運動など、市民と行政が連携しながら守り続けた、東京都の中でも稀有で貴重な自然遺産であることを、市として強く打ち出すべきである。

1.市民団体が作成した「ハケの森と野川と草原の生態系」図を活用し、市として環境学習に取り組まないか。

2.環境配慮住宅型研修施設(旧:雨デモ風デモハウス)は本来の目的に沿った活用を。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月9日(木)13:15から45分間予定

1.障がいのある人もない人も、誰もが生きやすい小金井に

12月議会で取り上げたALS患者の故イトー・ターリさんが、重度訪問介護の時間増を受けられず、亡くなってしまった問題について、この間、遺族と介護者と市の担当者とで話し合いを続けてきた。

イトー・ターリさんの事例を踏まえ、どう改善していくのか、現時点の検討状況を確認する。

1)「小金井市障害者総合支援法支給決定基準」の改定について

2)事業者との話し合い、連絡会など、その後の検討について

 

2.女性職員が働きやすい市役所は、女性が暮らしやすい町につながるはず

「女性職員活躍推進プランに係る女性職員意識調査結果」が報告された。施策決定過程に関わる女性管理職を増やし、男女平等を市役所から実現していくことが、市全体の男女平等意識の醸成につながるのではないだろうか。

1)意識調査をもとに、市としてどのような取り組みを進めるのか。非正規職員への対応は。

2)女性差別撤廃条約選択議定書について市はどう考えるか。

3)市に関連するフェミニズムアートや女性運動などの資料をアーカイブし、積極的に次世代に伝えていかないか。

 

第2回定例会が始まります。定例会の日程

6/2から第2回定例会が始まります。6月に日曜議会をやってみよう、ということで、6月5日(日)に日曜議会を開くことになりました。テーマは一般質問です。

6/3と6/17には庁舎建設に関する協議会、6/3には公立保育園廃園問題についての全員協議会が開かれる予定となり、当初から波乱含みです。

◇議会日程

6/2(木)本会議初日

3(金)庁舎建設に関する協議会(10:00から)、全員協議会(13:00から)

5(日)日曜議会(一般質問)(片山は16:45から15分間の予定)

7(火)8(水)9(木) 一般質問(片山は6/9の13:15から45分間の予定)

10(金)議会運営委員会

13(月)厚生文教委員会

14(火)建設環境委員会

15(水)総務企画委員会

16(木)予算特別委員会

17(金)庁舎等建設及び公共施設マネジメント推進調査特別委員会、庁舎建設に関する協議会(15:00から)

20(月)行財政改革推進調査特別委員会

21(火)予備日、広報協議会

22(水)整理日

23(木)本会議最終日

詳しくは議会事務局まで(042-387-9947)  ※原則は10:00から始まります

避難の協同センター主催オンライン学習会第1回 「原発避難者とは。そして帰らない選択とは」

「原発避難者とは。そして帰らない選択とは」

福島原発事故から11年。避難の協同センター共同世話人の村田弘さんは、福島第一原発から16キロの福島県南相馬市で育ち、同市小高区の自宅で被災し、横浜市に避難しました。村田さんの避難先での思い、訴訟活動などについて伺います。

日時:5月14日(土)10:00から(オンラインのみ)

講師プロフィール

村田弘(むらたひろむ) 1942年横須賀市生まれ、福島県南相馬市育ち。避難の協同センター共同世話人、福島原発かながわ訴訟原告団長、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)幹事、原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表。元朝日新聞記者。

主催・問合せ:避難の協同センター hinangakushu@gmail.com

参加費:無料

申し込はグーグルフォームまで:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSevxvOmhsbF0guqi5hS6QxdDaGhN2I3D-sFbrPaOh3S9sEnGg/viewform?usp=sf_link