「小金井3・4・11だより」に抗議する緊急質問と意見書可決

3/30、突如、市内全域に全戸配布され、府中市域1100世帯にも配布された、都市計画道路3・4・11号線外についてのチラシを見て、ギョッとした市民は多かったのではないでしょうか。

すぐ都市計画課に電話して状況を確認し、4/7には市民とともに面談。4/13には6会派10人の議員で市長に面談し、市長が2020年5月に都知事に出した要望書に基づいて、チラシが作成配布されたことがわかりました。

緊急質問は、片山と森戸議員と渡辺大三議員が通告。緊急性がないとして、議会運営委員会では一致せず、本会議で採決し、賛成多数になったので、質問できました。

市長が、明らかに道路計画推進のこのチラシはおかしいと思うなら、市の反論を独自のチラシや市報などでお知らせし、さらに新たな要望書を提出することを求めましたが、市長としてはこのチラシは新たな情報はなく、要望に沿って道路計画について広く市民に知らせていることは問題ないので、新たな要望書を提出するつもりはない、という答弁です。

市民を不安に陥れる、偏った情報のみ掲載されているチラシの発行は、今後行わないことなどを都に求める意見書を賛成多数で可決しました。

市長の対応に抗議し是正を求める決議は賛成数が整わず、取下げとなりました。

都市計画マスタープランに道路計画の見直しを入れられるか、都市計画決定に不備があると指摘された問題への対応が、今年の最大の争点です。市長の判断が、小金井の貴重な自然と住環境を壊す道路計画を撤廃できるかどうかにつながります。

「小金井3・4・11だより」の問題点に関する意見書

賛成15:市民カエル(片山)、共産4、みらいのこがねい3、小金井をおもしろくする会2、情報公開1、市民会議1、生活者ネット1、緑つながる1、元気小金井1

反対8:自民・信頼5、公明3

 

4/16の臨時議会で新しい議会人事が決まりました

4/8に初顔合わせがあり、4/12、13の会派代表者会議で新たな議会人事が内定し、4/16の本会議で、議長、副議長選挙が行われました。

 

議長:鈴木成夫(みらいのこがねい)

副議長:遠藤百合子(自民党・信頼の小金井)

監査:小林正樹(公明党)

 

片山は、議会運営委員会(副委員長)、厚生文教委員会、庁舎建設及び公共施設マネジメント推進調査特別委員会、広報協議会、新庁舎建設における議会施設の在り方検討会、都市計画審議会、土地開発公社評議員会に所属となりました。

今回の厚生文教委員会では、小学校給食調理の民間委託、小金井教育プラン、もくせい教室の今後、GIGAスクール構想の中での情報流出の懸念、子どもオンブズパーソン、介護福祉、生活困窮者支援など、課題が満載です。私はあらかじめ2日間の日程を取るべきと提案しました。

また、厚生文教委員会と切り分け、議長を除く23人が参加のコロナ対策特別委員会を立ち上げるべきと考え、提案議員になりましたが、賛成多数にならないため、取下げとなりました。6月議会までに体制を整え、再度提案したいと考えます。

新たに設置される「庁舎建設及び公共施設マネジメント推進調査特別委員会」での課題として、学校長寿命化計画と社会教育施設が上がってますが、厚生文教委員会での議論が必要な案件は切り分けたいと考えます。

行革の特別委員会は以前から議論が低調なので必要なしと主張し、設置に反対していますが、賛成多数で設置されました。

 

◇ひとり親家庭への支援、コロナワクチン接種経費の補正予算

4/16の本会議の前に専決処分したいということで、予め市長からの連絡と部局からの説明があり、ひとり親家庭への支援金や出産応援ギフトなどの予算と、市税条例などの変更の報告がありました。

コロナワクチン接種経費については追加議案で提案。集団接種会場の緑公民館近辺の交通誘導経費、坂下地域からマイクロバスで保健センターへの運行経費(リハビリテーション病院と貫井住宅経由)、個別接種の医療機関への協力金などです。65歳以上へのワクチン接種券は4/19頃に発送、4/23から予約開始。接種券とともに、ファイザー社の説明書も送られ副反応などが記載されています。接種した人の9割が痛みを訴えると報道されています。接種は強制ではないこと、副反応についてはきちんと対応し、被害救済につなげることなどを確認しました。

★片山かおると語ろう! 街かどのつどい(オンライントーク版)

★片山かおると語ろう! 街かどのつどい(オンライントーク版)

 

福島原発事故から10年。私たちはすでに、過酷人災原発事故の教訓を忘れつつあります。

福島第一原発の処理汚染水はアンダーコントロールされている、という虚偽の事実のもと勝ち取られた東京オリンピック・パラリンピック。早急に中止を決断し、コロナ対策にその予算を回すべきです。

まもなく放射能高汚染地域から、聖火リレーが始められようとしている福島の現実を直視し、私たちがみずから、平和で原発のない未来を選びとるために、今、何をするべきかを共に考えましょう。

 

オンライン参加:

武藤類子さん(福島原発告訴団団長)

 

日時:2021年3月28日(日)15:00~16:00

 

場所:市民交流スペース カエルハウス(小金井市中町4-17-11-1F)

連絡先: 市民といっしょにカエル小金井の会

 

 

2021小金井市議会議員選挙、当選しました。片山かおるのちょっとカエル通信特別号5号を発行

3月21日に行われた小金井市議会議員選挙にて1282票をいただき、14位で当選させていただきました。多くの方々にご協力やご支援をいただき、これからなお一層がんばろうと気が引き締まっています。
市民交流スペース カエルハウスを使って、市民との交流の場を広げ、市民参画しやすい小金井にしていきます。ご意見をお寄せください。
そして、困ったことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。
「カエルハウス 困りごとなんでも相談&居場所」は、今後も継続的に開きます。
片山かおる

市民を分断し野川とはけを壊す道路はいらない!

現在、策定中の都市計画マスタープランには11路線もの都市計画道路が記載されています。自然再生に取り組んできた地域に大きな道路は不要です。市長がはっきりと「反対」と示さないため、道路計画は進んでいます。旧都市計画法での都市計画決定の際、大臣署名が公文書にないと判明し、道路計画決定に不備の疑いが出てきました。市長はそれを根拠に「都市計画道路3.4.11号線、3.4.1号線の見直しを都に求める」と都市計画マスタープランに書き込むべきです。市民だけではなく、野川と武蔵野公園を大切に思う、たくさんの都民も反対の意を示しています。