貧困、困窮者支援」カテゴリーアーカイブ

困っている人に寄り添う ための実践講座〜「生活保護は国民の権利」を実現するために私たちができること〜

困っている人に寄り添う

ための実践講座 

〜「生活保護は国民の権利」を実現するために私たちができること〜

 

コロナ災害の中、生活に困ってしまう方への支援に奔走してきた人たちの話をお聞きし、小金井や多摩地域でどんな支援体制ができるか、考え、実行する講座です。

まずは実践ありきです。

社会情勢がどうなっているかをふまえ、自分たちの住む自治体のセーフティネットがどうなっているのか、チェックしていきましょう。

みんなで住みやすい地域にするための第一歩。

わかちあいの社会を少しずつ形作っていきましょう。

 

■6月6日(日)17:00〜19:00

「生活保護制度を知って、困った時に役立てよう!〜元ケースワーカーに聞く」

田川英信さん(生活保護問題対策全国会議事務局次長)

■6月19日(土)18:00〜20:00

「緊急支援の現場から。当事者と共に地域を変えよう」

瀬戸大作さん(反貧困ネットワーク事務局長)

■7月10日(土)16:00〜18:00

「コロナ禍で広がる『住まいの貧困』を克服するために」

稲葉剛さん(つくろい東京ファンド代表理事)

■日程未定 多摩地域の生活困窮者支援団体の動き

 

※講師が支援活動で多忙な方々のため、急遽、変更になる可能性もあります。

場所:上之原会館 学習室AB (小金井市本町5-6-19 JR武蔵小金井駅北口徒歩6分 上之原公園隣)

参加費:500円(カンパ歓迎)会場参加20人 オンライン参加100人

申し込み・連絡先:困っている人に寄り添う小金井の会(片山)

042-316-1511  office@katayamakaoru.net

片山かおるの小金井まちづくりプラン2021 4.困っている人誰もが、地域で暮らしやすい町へ

4 困っている人誰もが、地域で暮らしやすい町へ

★困っている人を地域で支えるコミュニティソーシャルワーカーを

★まちづくり条例、障がい者差別解消条例にもとづき、障がい当事者参加でバリアフリーな町へ

★税の減免などの公的制度を利用できるパートナーシップ制度に

★高齢でも自宅で暮らし続けられるために必要な介護サービスを

★介護現場で働く人の育成と働き続けられる環境を。介護利用者の声が反映される仕組みを

コロナ対策で格差のない地域社会に!

「新型コロナ災害緊急アクション」に、毎日のように寄せられる若い世代のSOSや、市民の様々な相談の中で、格差のない地域社会が私たちに必要だと実感しました。

困っている人に寄り添う市政に変えることが、すべての人にとって、暮らしやすい社会になります。

 

「食べ物を分かち合う」

◇多摩地域でつながり地産地消で無償のオーガニック給食

◇市民農園や地域企業と連携したフードバンク、フードドライブで無料の食料提供

 

「誰もが安心して住み続けられるように」

◇家賃補助制度で、民間賃貸住宅を低家賃のみなし公営住宅に

◇居住支援協議会をつくり、住まいを見つけるのが難しい人たちへの支援を

 

「働く人の権利を守る」

◇休業保障など社会保障の徹底

◇雇い止め、解雇など労働相談の窓口を

 

「子どもたちのための教育環境」

◇少人数学級で子どもの権利を活かした学校に

◇子どもの声を聞き取り制度を変える子どもオンブズパーソン

◇教育費の保護者負担を軽減

◇GIGAスクール構想には慎重に対応。不登校児や障がい児が参加できるオンライン教育環境を

 

「困っている女性に寄り添う」

◇婦人相談員の体制強化でDV被害を防ぐ

◇男女平等センターを設立し困っている女性を応援

◇産後うつにしない産前産後サポート

◇ひとり親の生活・子育てを支える

 

「みんなのための市役所」

◇民間委託・民営化で官製ワーキングプアを作らない(学校給食、公民館、保育園)

◇困りごとをなんでも相談・解決するワンストップのコロナ緊急相談窓口

◇生活保護は大事な権利。ケースワーカーを増やし「出かける福祉」に

 

「保健・医療を充実」

◇必要な人が適切にPCR検査や抗体検査を受けられる体制

◇ワクチンの副作用の心配などを相談できる窓口

◇中長期にわたる感染症対策で「保健センター」機能の拡充

 

「税制を変えよう」

◇貧困対策になる消費税率引き下げを地域から強く要望

◇国民健康保険税の減免を拡大し値上げはしない

◇東京オリンピックは中止して十分なコロナ対策を

山本太郎さんからの応援メッセージ

山本太郎さん(れいわ新選組代表)からの応援メッセージです。
2019 年の参議院選挙での比例特定枠の活用で、重度身体障がい者のお二人を、候補者として選挙にのぞむことを知った時、私は心が震えました。ものすごいことが起こる、と思ったのです。
そして、二人が当選し、山本太郎さん本人は落選しましたが、国会のあり方を大きく変えた事件だったと思っています。
消費税の問題を訴え、減税、廃止を野党共通政策にしようと踏ん張る「99%のための経済政策フォーラム」(私もなぜか運営委員でこっそり参加)の院内集会にも、秘書の方が参加し、コミットしてくれています。
コロナ災害の下での生活困窮者支援の場では、共に同じ思いで支援に取り組んでいます。
ちなみに「れいわ新選組」公認・推薦ではありません。山本太郎さんの個人推薦となります。このお願いをするにあたっても色々悩み、周りの人たちと様々な相談をしたところです。
私のやってきたことをしっかり把握し、思いを共通とすることをメッセージとしてくださったことを、とても感謝しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
困った人の声を拾い上げてアプローチする
山本太郎(れいわ新選組代表)
東京都小金井市にお住まいの皆さん。 れいわ新選組代表 山本太郎です。 小金井の市議会に、あなたのために一生懸命、汗を流されている市議会議員がいることをご存知ですか。片山かおるさんです。 原発事故、それによって生み出された避難者の皆さん、そういう方々に対して手助けをしたり、子どもの貧困問題に対して、精力的に取り組んでる方です。 このコロナ禍においても、仕事がなくなってしまった非正規労働者の方々、その他にも給料が減ってしまって家を追い出されそうになっている方々、そういう方々に対しても一生懸命に支援を続けている方が、片山かおるさんです。 心ある市議会議員を、あなた自身が応援をすることは、あなたの将来に対して保険をかけること、安全保障に繋がります。 ぜひ、片山かおるさんの政治活動に、ご注目をしていただきたい。 そして、あなた自身が片山かおるさんを応援する、お一人になっていただきたい。ぜひお力を貸してください。 小金井市議会議員、その中でも皆さんに寄り添って、困った人の声を必ず拾い上げて、議会に対してアプローチをし続けているのが片山かおるさんです。 山本太郎は、片山かおるさんを応援します。

 

片山かおるの一般質問(2/12(金)15:30予定)

今任期最後の一般質問です。

17番目だったので、3日目の2/12の5番目pm3:30からの予定です。
今回はなぜか24人中18人しか通告がありませんでした。いつもは議長を除く23人がほとんど通告するのですが。。
コロナでの時短と選挙前ということもあるかもしれません。
でも、他の議会では年一回しか一般質問できない、なんてところもあります。小金井は一人会派であろうとなんであろうと、議員ひとりあたり毎定例会で1時間までの一般質問が保障されているので、それを使わないなんてことはあり得ないわけです。
せっかく先輩議員たちが獲得してくれてきた、議会活動の保障を活用しないとなりません。
私は一般質問は毎議会で行うようにしていますが、うっかり出し損なったことなどで2回ほどできなかったこともあり。
質問のテーマはできるだけ所属委員会の所管外にしようと努力しています。
今は総務企画委員会に所属しているので、今回は厚生文教委員会マターばかりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.「生活保護は国民の権利」厚労省の発信を踏まえた行政運営を

 

20201222日、厚労省は「生活保護の申請は国民の権利です。」という呼びかけをHP上でおこなった。職や住まいを失ってもなお、生活保護だけは利用したくない、という人が年末の相談会や支援団体へのSOSの中で多く見られた。生活保護バッシングが長く続いた結果、セーフティネットの機能を果たさなくなっている。

 

1)役所が閉庁時の年末年始の相談会や食糧支援には困窮された多くの方が訪れていた。市は閉庁時の窓口は開けなかったが、夜間窓口での対応は。オンラインからFAXで申請書を提出できる「フミダン」が支援団体によって開発された。「フミダン」についての認識は。年末に社会福祉協議会が行なったフードドライブの成果は。防災備蓄食糧とJAや食育関係など、庁内連携したフードバンクの検討をはじめないか。

 

2)生活保護申請のハードルを下げることと、職員の事務負担を減らすため、申請の際の扶養照会はすべて撤廃しないか。扶養照会の件数と照会によって扶養に至った件数は。

 

2.予防接種、ワクチン接種は強制されていないか

 

1)乳幼児の予防接種の案内で、それぞれの病気の発生率、重症化率、副作用、副反応などはどのように伝えられているか。

 

2)保育所や学校等で、予防接種、ワクチン接種が強制されていないか。一時保育や保育所入所の際の条件としているところはないか。

 

3.市の基本条例としての子どもの権利条例の運用を

 

1)子どもの権利に関する条例は市の基本条例のはずだが、庁内各課の認識は。

 

2)明日の小金井教育プランや教育基本方針などに、子どもの権利が基礎とならないないのはなぜなのか。主権者教育の中でも子どもの権利は重要な位置をしめると考える。

 

3)子どもの権利条例自体の推進計画がなく、検証組織となる子どもの権利委員会を設置してこなかったために、市の基本条例としての機能を果たすことができなかったのではないか。子どもオンブズパーソン設置にむけて、権利条例の位置付けを認識しなおすべきである。