市庁舎・福祉会館・公民館」カテゴリーアーカイブ

2022年度小金井市一般会計予算 反対討論

議案第7号2022年度小金井市一般会計予算に反対の立場から討論を行います。

本予算は第5次基本構想に基づくものとなっているため、第5次基本構想についての意見も併せて表明させていただきます。

 

本予算の審議にあたり、日程の変更、会期延長、といった、非常にイレギュラーな対応を議会が取ることとなりました。

昨年11月より、中期財政計画、新庁舎建設の計画について、市長から市議会への答弁が先送りされ、3/3の基本構想審査特別委員会においても、答弁ができない事態となったからです。

その後、議会内で協議や調整が行われ、3/16には、予算委員会の総括質疑を延期して基本構想審査特別委員会が開かれ、市長から「新庁舎の設計や建設時期について大胆に見直すことも含め市議会と協議する」、といった発言がありました。

3/3の基本構想審査特別委員会で市長から何も進捗がなかったため、会期延長も含めた議会日程の大幅な変更をせざるを得なかったことは、大変に遺憾なことであります。

本予算審議を一体どう思っているのか、来年度予算を議決しなくてもいいのか、市政全体に責任を持つ市長としてあるまじき行為であり、市長の提案姿勢に、大きな疑問を感じています。

 

また、本予算は、第5次基本構想に基づく予算となっていますが、市長が答弁を先送りにしたことで、基本構想の審査が進まず、その議決も危ぶまれる状態でしたが、3/22にようやく委員会で採決されました。

担当部局の方々は市長の答弁が先送りになっていることで、スケジュール通りに進まずとも、何度も市議会各会派と調整を行ない、大変苦労して、第5次基本構想の訂正案を作成しました。

私の意見も取り入れて修正してくださった部分もありますが、今後10年間を見通す構想とは思えず、第5次基本構想には反対をしました。

新型コロナ災害による市民生活の経済的困窮、疲弊、子どもたちの育ちへの影響、市民活動の萎縮、縮小に対応し是正する、明確な指針を、基本構想、基本計画の中に示すべきであったと考えます。

 

まずは、コロナ災害の中で、市民の心の支えになり、貴重なものであると改めて気づくことができた小金井の自然環境を壊す道路計画をストップさせる、明確な意思表示を基本構想や基本計画の中で市長が示すことが必要でした。

そして、コロナ災害に乗じたような急速なデジタル化の波に小金井も乗ろうとしていますが、オンライン会議の弊害が最近の新聞記事でも指摘されています。決められたことの追認機能として悪用されているのではないか、という指摘です。3/19の公立保育園運営協議会の審議の中でもWEB会議では十分な議論ができず、意見を述べることができなかった、という市民の意見がありました。 こういった重要な意見は、今後の各審議会の運営にすぐに反映すべきです。

対面での会議の重要性を認識し、どのようにして市民参加の意思を育んんでいけるのか。

市は、これまでの小金井の社会教育のあり方を振り返って再認識し、住民自治の意識醸成の方策を再検討すべきです。

 

予算の総括質疑の中で、公立保育園廃園条例は今議会では提案されなかったが、廃園方針案は撤回されていないのか、廃園方針案が含まれた予算なのか、という問いに対し、直接的な予算は含まれていない、という答弁がありました。しかし、廃園方針案は撤回する、という答弁はありません。昨年3月の当初予算の審議の際には、全く出ておらず、昨年7月に突如、廃園方針案が示されました。

そして、保護者説明会、市民説明会を併せて16回開催、今年の1月から2月には廃園条例案のパブリックコメントが行われました。

これらの経費は今年度予算に含まれていたのでしょうか。

昨年の予算審議の時には、何一つ示されませんでした。

今年度予算に賛成した私としては、賛成した予算年度の中で、それまでどこにも示されなかった公立保育園廃園方針案の準備行為が進んでいくことに信じられない思いをしています。今後もこのような予算執行をされるとするならば、市長を信頼して予算に賛成することは到底できません。

来年度予算には、具体的には廃園方針案に関わる予算はないとされていますが、今年度の執行状況を見ると、具体的な予算が明記されてなくても、どんどん廃園に向けての具体的な準備行為が行われています。

廃園方針案撤回を明言しない限り、何らかの名目で、廃園に向けての予算が執行されると考えられる以上、今予算を認めるわけにはいきません。

 

生活困窮者などへの重要な住宅施策となるはずの居住支援協議会設置、長年の市民の希望だった、子どもの権利に基づき、子どもの相談救済とともに社会制度を変える提言ができる子どもオンブズパーソン設置など、非常に重要な予算も含まれ、ぜひこれらについてはきちんと推し進めていただきたいと考えていますが、前段で述べたように、市長の提案姿勢が信頼できないため、本予算に反対し討論を終わります。

3月議会の主な議案の議決態度

小金井市議会は西岡市長が中期財政計画と新庁舎建設についての答弁を先送りにして議会日程に影響が出たため、会期延長して3/28が最終本会議となりました。

主な議案の議決態度を下記します。片山が作成したり関わった意見書は全て可決されました。

市長は長期基本構想審議の中で、中期財政計画と、新庁舎建設について、議会から求められた説明ができず、11月から3月まで、長期基本構想審査が実質上ストップした状態でした。

3/16に市長から、庁舎建設の時期や設計の大胆な見直しも含めて、市議会と協議したいという発言があり、議会は協議の求めに応じることになりました。どのような場とするか、現在、議会内と市長で調整を重ねています。

市長は市議会からの再三の質疑の中で、自らの責任を認める形で減給条例を提出しました。

これを受けて、市議会全員一致での「庁舎複合施設の建設に向けて、市長と市議会の協議の場において、着工可能な成案を得られるように全力を傾注することを表明する決議」を作成し議決しました。

来年度予算の総括質疑で、公立保育園廃園方針案の撤回を求めましたが、市長はこの求めには応えず。廃園方針案の撤回がない中、今年度のように、方針案を進めていくことがあってはならないため、予算に反対。第5次基本構想は今後10年間の見通しがなく、はけと野川を壊す道路計画撤回の意思も示されていないため、反対しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2022年度一般会計予算
賛成16:自民党・信頼の小金井5、公明党3、みらいのこがねい3、小金井をおもしろくする会2、こがねい市民会議1、生活者ネットワーク1、元気!小金井1
反対6:市民といっしょにカエル会(片山)、共産3、情報公開こがねい1、緑・つながる小金井1
※議長(みらいのこがねい)は採決に加わらず

第5次基本構想
賛成17:自民党・信頼の小金井5、公明党2、みらいのこがねい3、小金井をおもしろくする会2、情報公開こがねい1、こがねい市民会議1、生活者ネットワーク1、元気!小金井1、緑・つながる小金井1
反対4:市民といっしょにカエル会(片山)、共産3
退席1:公明党(渡辺ふき子)1
※議長(みらいのこがねい)は採決に加わらず

令和4年4月に小金井市長に支給する給料の特例に関する条例
賛成15:市民といっしょにカエル会(片山)、自民党・信頼の小金井5、共産3、公明党3、情報公開こがねい1、こがねい市民会議1、元気!小金井1
反対7:みらいのこがねい3、小金井をおもしろくする会2、生活者ネットワーク1、緑・つながる小金井1
※議長(みらいのこがねい)は採決に加わらず

◇決議

「第5次基本構想に基づき、国分寺崖線の緑と自然の保全を求める決議」
賛成13:市民といっしょにカエル会(片山)、共産3、みらいのこがねい3、小金井をおもしろくする会2、情報公開こがねい1、生活者ネットワーク1、元気!小金井1、緑・つながる小金井1
反対9:自民党・信頼の小金井5、公明党3、こがねい市民会議1
※議長(みらいのこがねい)は採決に加わらず

「庁舎複合施設の建設に向けて、市長と市議会の協議の場において、着工可能な成案を得られるように全力を傾注することを表明する決議」
賛成22:市民といっしょにカエル会(片山)、自民党・信頼の小金井5、共産3、公明党3、みらいのこがねい3、小金井をおもしろくする会2、情報公開こがねい1、こがねい市民会議1、生活者ネットワーク1、元気!小金井1、緑・つながる小金井1
※議長(みらいのこがねい)は採決に加わらず

環境配慮した窓のひらく新庁舎にしよう!

コロナ災害の中、庁舎建設を見直す自治体も出てきています。小金井市は賃借庁舎の解消のために、新庁舎と新福祉会館の建設を急がなくてはなりませんが、浸水地域となったことで大幅に建設費が増え、竣工まで7ヶ月延期になった建設計画については見直しが必要であり、これからの時代は環境配慮と換気が重要になるため、窓が開けられる建物にするべきです。新福祉会館の中に統合される保健センターの機能強化が必要なため移設については再考が必要です。

片山かおるの小金井まちづくりプラン2021 5.野川やはらっぱをそのまま子どもたちに~放射能汚染や脱原発、地球温暖化防止の取り組みを

 

5 野川やはらっぱをそのまま子どもたちに~放射能汚染や脱原発、地球温暖化防止の取り組みを

★野川やはけを壊す都市計画道路はつくらせない。オオタカも営巣する貴重な里山自然を観光の目玉に

★再生可能エネルギー使用で脱原発都市に。温室効果ガス2050年ゼロへ

★旧「雨デモ風デモハウス(環境楽習館)」を活用。省エネルギー環境先進都市に

★地産地消のカフェを併設した資源化施設を、環境教育とにぎわいの拠点に

★ゼロウェイスト(ごみゼロ)認証商店制度で、ごみを出さない、無包装、量り売りの商店を

★リユース品を取り扱う「くるくるショップ」を新庁舎内に

 

 

片山かおるの小金井まちづくりプラン2021 3.足もとからの平和~多様性を認め合い表現の自由を守る

3 足もとからの平和~多様性を認め合い表現の自由を守る

★無料で誰でも使える公民館を地域の居場所に。講座をアーカイブ化して知の共有を

★市民と市が出資する市民映画館で、小金井を映画の町へ

★外国籍市民が相談しやすい多言語で案内された市役所相談窓口に

★国際交流協会を設立し、近隣の大学と連携して市内の外国籍児童の学習支援

★沖縄の基地問題を自分ごととし、オスプレイが上空を飛ぶ小金井からもNOを

★毎日がはらっぱ祭りのように自然と調和し表現の自由と多様性を認めあう地域に