カテゴリー別アーカイブ: 03.カエル通信

片山かおるのちょっとカエル通信 特別号3号を発行しました

3/13、「片山かおるのちょっとカエル通信」特別号3号を発行しました。第一回定例会の一般会計予算の審議結果、一般質問の報告、「原発事故区域外避難者の住宅支援継続を求める意見書」について、また、2/26にカエルハウスで開催した「片山かおると矢島助産院の矢島床子さんと語ろう」会の報告、片山かおるのまちづくりプラン2017も掲載しています。

tokubetsu3_omote_3 tokubetsu3_ura_3

「片山かおるのちょっとカエル通信」特別号2号を発行しました

「片山かおるのちょっとカエル通信」特別号2号。これからの小金井市政に求めていくこと、やらなくてはならないと考えていることを「片山かおるのまちづくりプラン2017」の中に記載しています。

そして元レンジャー隊員の井筒高雄さんと、パフォーマンス・アーティストのイトー・ターリさんからの応援メッセージ。

市民からの「こんな小金井にしたい!」という声。保育園のこと、教育のこと、再開発のこと、ごみ問題のこと、道路問題のこと。様々な当事者の声が上げられています。

18歳選挙権が始まりましたが、10代、20代の若者たちは、この社会をどう考えているのでしょう。若者たちの声、もっともっと聞きたいです。

そして、福島からのメッセージ。福島原発事故から6年経ちましたが、私たちの暮らしはどう変わったでしょう?変わらなかったのでしょうか。

この過酷人災事故を私たちは教訓として深く受けとめ、暮らしのあり方を転換しなくてはなりません。

 

「片山かおるのちょっとカエル通信」特別号Vol.1を発行しました

「片山かおるのちょっとカエル通信」特別号Vol.1を発行しました。

この通信では、これまでの4年間の議員活動の振り返りや、何人もの応援者の方からの心強いメッセージ、「小金井と映画とまちづくり」をテーマに、『ある精肉店のはなし』の纐纈あや監督との対談などを掲載しています。

2/26に企画している、矢島助産院の矢島床子さんと片山かおると語りあう会の案内も。

どうぞ、ご覧ください。

※纐纈あや監督との対談については、後日、HPにもう少し詳しいものがアップされる予定です。

第一回定例会のお知らせ「片山かおるのちょっとカエル通信69号」を発行しました

「片山かおるのちょっとカエル通信69号」。1/26から3/9まで続く、第一回定例会のお知らせです。一般質問のお知らせのほか、当初予算や施政方針などについての見解を掲載しています。

2017年度の一般会計予算は昨年より2億円以上少なくなり、399億円に。それでも大規模な予算である、と企画財政部長は話していました。

当初予算が400億円を下回っていても、補正予算で膨らんでいくので、最終的にどのような財政状況になったかは、決算をよく見る必要があります。

今回の当初予算の中では、これまで議会の中で注目されてきた、認可と認可外保育所の保育料格差是正が提案されています。

また、生活困窮者自立相談支援の新規事業や、空き家の利活用にかかるデータベース構築、食品ロスを無くすフードドライブなども、私を含め、何人もの議員が提案してきました。

新庁舎建設に関する調査や、新福祉会館建設市民検討委員会の予算が、もっとも注目され、議論になると考えます。

武蔵小金井駅南口第二地区の再開発補助金も計上されています。

基本的には、前市長の稲葉路線を引き継ぎながら、新規事業で少しだけ新たな方向性を示しているといったようすです。