プロフィール

  • 1966年12月 長崎県長崎市の平和公園前の産院で生まれる。長崎放送の佐世保の社宅で暮らす。
  • 4才から東京都杉並区で育つ。
  • 私立東洋幼稚園、杉並区立堀ノ内小学校、杉並区立松ノ木中学校、東京都立豊多摩高校卒業。小学校では卓球部、中学では陸上部と吹奏楽部でアルトサックス。高校では吹奏楽部でバスクラリネットを担当、陸上部長距離で肺活量を鍛える。文芸部と映研にも所属。
  • 1991年より、映像制作、自主上映活動を始める。映像ネットワークVIEW、キノサーカスなどで上映活動。
  • 1995年、子どもが産まれる頃から小金井市在住。上の子は桜町病院で、下の子は国分寺矢島助産院で出産。ふたりとも回帰船保育所で育ててもらう。
  • 1998年より、(株)ミストラルジャパンにて、連れ合いの水由章とともに個人映画・実験映画などの配給を始める。
  • 2009年3月 小金井市議会議員に初当選。
  • 2009年からの前期2年は、厚生文教委員、ごみ処理施設建設等調査特別委員、行財政改革調査特別委員、湖南衛生組合議会議員、国民健康保険運営協議会委員、都市計画審議会委員、議会報編集委員。
  • 2011年からの後期2年は、厚生文教委員(2011年8月まで)、総務企画委員(2011年9月より)、ごみ処理施設建設等調査特別委員、議会報編集委員、青少年問題協議会委員、小金井市土地開発公社評議員会評議員。
  • 2013年3月 小金井市議会議員に当選(2期目)
  • 2013年からの前期2年は、厚生文教委員、議会運営委員、行財政改革調査特別委員、議会報編集委員、小金井市土地開発公社評議員会評議員、三多摩上下水及び道路建設促進協議会第一委員会委員、議会基本条例策定代表者会議委員(第一班班長)
  • 2015年からの後期2年は、総務企画委員、資源循環型社会推進調査特別委員、議会運営委員、小金井市土地開発公社評議員会評議員、青少年問題協議会委員、議会基本条例策定代表者会議委員(第一班班長)

市内では〈NPO法人回帰船保育所〉〈武蔵野はらっぱ祭り実行委員会〉〈小金井子育て交流会「す〜ぷ」〉〈いかそう!子どもの権利条例の会〉〈8mmFILM小金井街道プロジェクト〉〈子どもと未来を守る小金井会議〉〈さよなら原発!小金井パレード〉〈小金井市放射能測定器運営連絡協議会〉〈トランジションタウン小金井〉〈「みんなの学校」を実現する会こがねい〉〈こがねいピースアクション2015〉〈“戦争と平和”を考える連続上映会〉〈選挙で変えよう!こがねい市民連合〉〈はけの自然と文化を守る会〉〈こがねい女性ネットワーク〉〈小金井市環境市民会議〉〈小金井平和ネット〉などに参加。

〈「教育ってなんだろう?」こがねい連絡会〉世話人、〈One’s Eyes Film(ワンズ・アイズ・フィルム)〉事務局。

市外では〈国分寺で映画を見る会(すなめりの会)〉〈「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク〉〈避難の協同センター〉〈福島原発告訴団・東京連絡会〉〈福島避難者こども健康相談会〉〈原発事故被害者の救済を求める全国運動〉〈生活保護費大幅削減反対!三多摩アクション〉〈子宮頸癌ワクチン被害者連絡会〉などに参加。

政治・議員活動として「市民自治こがねい」共同代表。「片山かおるといっしょにかえる小金井の会」運営委員、「福島原発震災情報連絡センター」事務局、「原発事故子ども・被災者支援法推進自治体議員連盟」事務局、「全国フェミニスト議員連盟」世話人 、「市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク」「自治体議員政策情報センター」「緑の党」「自治体議員立憲ネットワーク」などにも参加。

パートナーと高校3年と大学3年の男の子ふたりと、茶トラ猫のツキ(現在家出中)と黒猫のエトゥとともに、前原町の古い木造の貸家を改造しながら暮らす。

趣味は、映画へのアプローチの仕方をさぐること、古い家探し、自分なりの自然食療法、貧乏だけど心豊かに楽しく暮らす方法を追究すること。

ツイッター::https://twitter.com/katayamakaoru

フェイスブック:http://www.facebook.com/kaoru.katayama.7 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です