片山かおるの一般質問(3/2(金)10:00)

片山かおるの一般質問(3/2(金)10:00)

1.「暮らしの中の困りごと」に対応できる市政に

「ようこそ滞納いただきました」「滞納は生活状況のシグナル」と捉える滋賀県野洲市の債権管理条例。また、くらし支え合い条例では「生活困窮者の発見に全力を尽くす」といった主旨も書かれている。市民生活相談課を参考に、福祉総合相談窓口の体制作りを行わないか。

 

1)小金井の生活困窮者自立支援事業の状況

2)野洲市の市民生活相談課の各課連携、アウトリーチを参考に、庁内再編しないか

3)野洲市の債権管理条例、くらし支え合い条例のような生活困窮者支援の条例の検討を

4)「やすワーク」のように庁内でハローワーク機能を持つことは可能か

 

2.子どもも主体になれる、地域の要になる公民館づくりを

これからの公民館のあり方を考える上で、多世代交流は重要なポイントだ。集会所と違い、職員がいて常に開かれていることで、ロビーなどが子どもたちの溜まり場になっている公民館もある。子どもの権利条例ができて10年。子どもたちが居場所にしている公民館を活用し、地域の人と多世代交流しながら子どもが市政に参画できる場を増やしていかないか。

1) 子どもたちは公民館をどのように利用しているか。ロビーの活用。講座企画への参加など。子どもでも利用しやすいシステムづくりを

2) 地域との連携について。国分寺や小平の事例を参考に、地域課題を解決できる公民館講座の検討を

 

3. 子どもの貧困対策として就学援助制度は有効に活用されているのか

1)認定倍率が下がる中でその影響は。生活保護基準が下がることによる影響は。利用率の変化は。市部でも低い利用率を上げて有効活用すべきではないのか。周知の工夫は

2) 義務教育の学校経費の保護者負担を軽減するため、すべての経費を見直すべきである

第一回定例会の議会日程

議会日程

2/21(水)本会議初日

2/22(木)本会議

2/25(日)日曜議会

2/26(月)休会 国民健康保険運営協議会19:00から

2/27(火)28(水)3/1(木)2(金)一般質問(坂井は2/8(水)16:30予定。片山は3/2(金)10:00)

3/5(月)厚生文教委員会

3/6(火)建設環境委員会

3/7(水)総務企画委員会

3/8(木)議会運営委員会

3/9(金)12(月)13(火)14(水)15(木)16(金)(16日のみ13:00開始)予算特別委員会

3/19(月)庁舎及び福祉会館建設等調査特別委員会

3/20(火)行財政改革推進調査特別委員会

3/22(木)予備日

3/23(金)議会整理日

3/26(月)最終日 本会議

詳しくは議会事務局まで(042-387-9947)

(原則は10:00から始まります)

2/25は日曜議会。市長の施政方針に対する質疑です

2/21から第一回定例会が始まりました。

2/25(日)には、西岡市長の2回目の施政方針に対する会派別の質疑が行われます。

年一回行われる日曜議会では、施政方針と一般質問の質疑を交代で行なっています。

片山、坂井の所属する「緑・市民自治こがねい」は14:00〜14:30までの質疑です。

片山の質問

1.小金井は市民が参画できる、誰もが住みやすい町になっているか。

(1)市民参加の会議やパブリックコメントなど、市民の意見が市政に反映されているか。市長の説明責任は果たせているか。市民の心を分断する都市計画問題に対して市長としてのきっぱりとした対応をするべきではないか。
(2)誰もが暮らしやすい町にするためには、生活困窮者への思いを寄せ、自己責任の追及ではなく、個別支援を充実すべきではないか。空き家活用策に原発事故被害者への住宅支援策を。
坂井の質問
2. 西岡市政2年間の自己評価は
(1)厳しい決断を下したこととは。西岡市政2年間の自己評価は。
(2)個別課題についての見解。 学校教育における「生きる力」とは。差別解消に向けた取り組みについて。

2018年第一回定例会が始まります

2月21日より、2018年の第一回定例会が始まります。

3月26日まで続く議会です。

今回の定例会は、西岡市長の施政方針を含め、440億円を超える大規模一般会計予算、40を超える議案が提案されようとしています。そして、特に、長い期間かけて検討された「障がい者差別解消条例」が、どのような形で、いつ提案されるのかが大きな関心の的となっています。

今回初めて、市議会広報協議会によって、定例会のお知らせポスターが作成されました。

市民に広く市議会開催をお知らせするきっかけになればと思います。

 

4.1安定ヨウ素剤自主配布プロジェクト配布会

小児科医の山田真さんからの呼びかけにより、安定ヨウ素自主配布会を行うことになりました。できるだけ小さな子どもたちや若い人たちがいる家族を中心に配布できればと思っています。
申し込みは1/15から2/28までです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安定ヨウ素剤自主配布プロジェクト in tokyo
  始めます
<原発事故の危険性は減少している?>
 2011年3月11日の東京電力福島第一原発事故から7年が経とうとしています。
 しかし、危機は相変わらず続いています。破壊された原子炉の底は人が近づけない高線量で、燃料の取り出しもできない状態です。こんな状態でもう一度大地震が起きたら2011年3月を超える大量の放射性物質が飛び出して、とんでもない大惨事になるでしょう。
 そして、政府は停止していた他の原発を再稼働させようとしており、日本全体が危険な状態にあります。
 本来、原発事故による市民の被害は政府や電力会社が責任を持つべきですが、残念ながら政府は原発事故が起きた時に市民を守るための十分な対策を用意していません。
<安定ヨウ素剤がなぜ必要か>
 原発事故はあってはならないことですが、今の状況では自己防衛の必要があります。
 原発の事故では多種類の放射性物質が放出されますが、そのうちヨウ素131(放射性ヨウ素)については防衛法があります。事故直後に安定ヨウ素剤を飲むことで、放射性ヨウ素の甲状腺への蓄積を防ぐことができるのです。放射性ヨウ素の影響で、原発事故の被災者には甲状腺がんが発生しやすくなりますので、重要な被害予防策なのです。
<なぜ事前配布なのか>
 しかし、政府は、原発から5キロメートル圏内を事前配布対象地域にしているだけです。それ以外の地域で安定ヨウ素剤が備蓄されている自治体もありますが、事故が起きた場合備蓄されている場所に取りに行くことは非常に困難でしょう。ですから、私たち一人一人が手元に置いておく必要があります。
 事前配布は本来行政が行うべきことですが、行政に配布を促す意味も込めて、市民が自主配布を行うことにしました。
<安定ヨウ素剤とは>
 安泰ヨウ素剤は注意して使えば安全な薬とされていますが、ヨウ素アレルギーの人など、飲んではいけない人もいます。そこで、配布会の前に、問診票をお送りし、さらに当日は医師による説明・問診などを行って安全を図ります。
主催:安定ヨウ素剤自主配布プロジェクト
 このプロジェクトは、フォトジャーナリスト広河隆一さんが世話人を務めるDAYS救援アクションの呼びかけによって始められ、小児科医山田真さんからの安定ヨウ素剤提供を受け、東京でも市民によって自主配布をしようと企画されました。
=====================
 東京都内で初めての配布会を下記のように行います。
 放射性ヨウ素は、お子さんにより大きな影響を与えます。
 私たちは子どもたちを守っていきたいと考えていますが、今回は錠剤しか用意できませんので、錠剤の飲める方が対象です。
 皆さまの申し込みをお待ちしています。
◆と き:4月1日(日)
 午前:10:30~
 午後:14:00~
  それぞれ30分前より受付します
◆ところ:武蔵野プレイス 4階 フォーラム tel:0422-30-1905
   JR・西武多摩川線 武蔵境駅 南口下車 徒歩2分
◆医 師:山田 真 氏(小児科医)ほか 数名
◆対象者:錠剤を飲むことができる方
     100家族 (各回50家族まで)
◆内 容
    当日は、申し込み後問診票を提出した方のみ参加できます。
    医師による説明(約30分)のあと、医師による簡単な診察を行います。
    (その結果、お渡しできないこともあります)
    錠剤は無料です。ガイドブック(300円)ご購入をお願いします。
◆申し込み
    ・1月15日(月)から、定員に達するまで
    ・最終締め切りは2月28日(水)とします。
    ・下記メールに
      ①氏名②住所③電話④人数
      ⑤参加希望<午前・午後・どちらでも>のうちいずれかを選択
     をご記入の上お送りください。
    ・申し込みいただいた方に、問診票をメールに添付してお送りします。
     必要事項が記入された問診票が主催団体に届いた方から参加確認となります。
      *いただいた個人情報はこのプロジェクト以外では使用しません。