カテゴリー別アーカイブ: 13.市民参加・市民自治・市民活動

6/15 全国フェミニスト議員連盟 総会記念セミナー 「私たちに何ができるか?!  ―改正入管法とジェンダー―」

全国フェミニスト議員連盟 総会記念セミナー 「私たちに何ができるか?!  ―改正入管法とジェンダー―」

日時:2019年6月15日(土)14時30分~

総会はセミナー開始前13時から14時まで

☆会員でない方も総会&セミナーともに大歓迎。セミナー終了後に懇親会あり(事前連絡をお願いします)

会場:日本女子大学 百年館低層棟207

アクセス:JR目白駅徒歩15分(バス停日本女子大前もあり)地下鉄雑司ヶ谷駅徒歩8分/護国寺駅徒歩10分

資料代:500円

この4月、改正入管法(注)が施行されました。しかし日本は、多くの外国人を受け入れるには未解決の問題が山積みです。女性差別・外国人差別を生んできた人権意識の希薄さ、“ダイバーシティ”とは名ばかりの排外的教育、非正規の増大や労働基準法の形骸化、国際条約の軽視etc。 それにDV・セクハラ相談、言語、学校、医療など待ったなしの対応がせまられるのは自治体です。外国人と友情をつむげる社会をめざす私たちに、何ができるか、現状と課題を学びます。

(注)正式には「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」

◇改正入管法から見た日本の難民政策

講師:石井宏明(認定NPO法人難民支援協会理事、一橋大学非常勤講師)

米Monterey Institute of International Studies国際政策学修士。アムネスティ・インターナショナル日本、ピースウィンズ・ジャパン職員を経て、「難民支援協会」創設に参加し、2006年より職員。「第三国定住に関する有識者会議」委員(~2013)、「女性・平和・安全保障国別行動計画」評価委員(2016~)。

◇HELPから見た在日外国人女性の苦悩

講師:松井弘子(女性の家HELP施設長、矯風会常任理事)

HELPはHouse in Emergency of Love and Peaceの頭文字。1886年創設の日本キリスト教婦人矯風会が100周年を記念して立ち上げた。以来30年以上、DV被害、居所なし、人身売買被害等の女性に緊急一時シェルターを提供し、電話相談もしている。国籍を問わず、シングルの女性や母子を受け入れている施設。

主催 全国フェミニスト議員連盟

問合せ:同連盟世話人 片山090-2460-9303   三井090-8595-6421

6月議会の議案検討会

 

☆議案をいっしょに検討しませんか?
今議会に出された、議案、陳情、意見書などについて、どのような質問をするか、どんな議決態度にするか、片山かおるといっしょに検討します。

ぜひご意見をお聞かせください。

日程:6月9日(日)10:00〜12:00

場所:市民交流スペース カエルハウス

主催:市民といっしょにカエル会

5/20 第4回「99%のための経済政策フォーラム」

5/20の16:00からは「99%のための経済政策フォーラム 第4回」です。
これまでの1~3回の講演動画、レジュメは99%のHPにアップされています。ご参考ください。

すでに講師の藤井先生のレジュメも掲載。
野党の国会議員に向けて、共通の経済政策作りを促すのが目的の学習会ですが、毎回、国会議員とともに市民もたくさん参加してるのがすごいな、と思います。

※片山も運営委員として参加しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年5月20日(月) 
第4回「99%のための経済政策フォーラム」学習会
講師:藤井聡(京都大学大学院 工学研究科 教授、元内閣官房参与)
演題:「消費税減税・格差是正の税制改革と、くらし安心社会への財政投資で日本経済を再生せよ!」
衆議院第一議員会館 大会議室 予約は不要です。資料代500円
(入館証配布 15:45開始) 開会 16:00  終了 17:50
https://99forum.jimdofree.com

5/11「平塚らいてう 連続講座」第一回

5/11(土)14時から「平塚らいてう 連続講座」の第1回目を開催します。
まだ定員に余裕がありますので、ぜひご参加ください。
 

終生 女性の権利、平和のために発言しつづけた 平塚らいてうについて、「平塚らいてう 孫が語る素顔」の著者 奥村直史さん(小金井市在住)を講師に迎え、映画上映と学習会から、らいてうの仕事と生涯について2回に分けて学びます。

第1回目 5月11日(土)14時〜17時
映画『元始、女性は太陽であった 平塚らいてうの生涯』の上映(演出:羽田澄子 140分 2001年)と、奥村直史さんから、らいてう の問題意識の変遷についてお話しいただきます。

会場:市民交流スペース カエルハウス
(小金井市中町4-17-11-1F/JR武蔵小金井駅南口徒歩6分)
予約・問合せ:☎ 042-380-8270 (info@mistral-japan.co.jp
資料代:各回500円 定員25人 (ご予約をお願いします)
主催:カエルハウス運営委員会 協力:ミストラルジャパン

平塚らいてう 略歴(1886-1971年)
1911年 文芸誌『青鞜』を創刊し、「元始、女性は太陽であった」を発表。
1914年 画家・奥村博と共同生活に入る。
1918年 与謝野晶子らと母性保護論争。
1919年 日本で最初の女性運動団体、新婦人協会を結成、婦人参政権を目指し活動、昭和初期には居住地域で消費組合を作り組合長になる。1942年 茨城県戸田井に疎開し農耕生活をする。敗戦後、男女同権、戦争放棄の新憲法と民法の「家」制度廃止を共感をもって受け止める。
1953年 日本婦人団体連合会初代会長に、また国際民主婦人連盟会長に就任する。終生、女性の権利、平和のために発言し続けた。

※第2回目は、6月23日(日)14時〜16時に開催します。

☆~沖縄5市へ 緊急Faxアクション~「10万人の声を消さないで。」賛同企画

「辺野古県民投票が本土に問うもの」

2月24日に投開票が行われる辺野古県民投票。沖縄県民一人ひとりが基地問題を考え、家族や友人と話し合い、憲法で保障された民主主義の手続きに基づき、大事な一票を投じます。そして、同時に、辺野古県民投票は、日本本土に問いかけます。安全保障は、日本全体の問題だからです。普天間基地の代替施設が本当に必要なのか、安全保障の負担のフェアな在り方とは何か、国民的議論により応えていかなければなりません。小金井市議会が12月に可決した意見書を踏まえ、私たちに出来ることを考えましょう。

※小金井市市民参加条例の市民投票規定にもとづく提案もあります。

日時:2019年2月3日(日)19:00スタート

資料代:500円

場所:小金井市市民会館 3F 萌え木ホールAB(小金井市前原町3-33-25 JR武蔵小金井駅南口徒歩6分)

講演者:米須清真(コメスキヨサネ)(「辺野古新基地建設の中止と、普天間基地代替施設の問題について民主主義及び憲法に基づき公正に解決するべき事を求める陳情」提出者)

スカイプ参加予定:元山仁士郎(「辺野古」県民投票の会代表)

主催・問合せ:沖縄県民投票を考える会(090-2460-9303)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◇ 「2月24日に実施される沖縄の県民投票のことを学び、不参加予定の5つの市にFAXを書く会」開催を全国に呼びかけます!◇

~沖縄5市へ 緊急Faxアクション~
「10万人の声を消さないで。」

すべての沖縄県民に、想いがあります。平等に、投票する権利があります。
その権利が奪われる人がいるということに、私たちは同じ国に暮らす人として、強く異議を申し立てます。

★☆・・・・・・・☆★

「沖縄のことは、沖縄が決める。」若者たちが中心となって、昨年春から2ヶ月で有権者10万人超の署名を集め、条例ができ、辺野古新基地の賛否を問う県民投票の実施が決まりました!

ところが、現在 沖縄市、宜野湾市、石垣市、うるま市、宮古島市の5市が市議会の否決などを理由に不参加を表明しているため、このままでは有権者の35%が投票できない事態です。10万人の署名があって出来た投票の機会が奪われてしまいます。

大学院を一年間休学して投票の実現に向けて県内全域に足を運び、住民と対話してきた『辺野古』県民投票の会代表の元山仁士郎さんは、「沖縄県民みんなで県民投票を」と、5市の県民投票参加を求めて15日から宜野湾市役所前でハンガーストライキによる抗議をしました。
県民投票への参加を求めるハンガーストライキ
https://hungryforvote.net/

元山くんに思いを寄せ、全国に住む私たちが行動を起こすことにしました。小さなアクションでも

◇内容◇
沖縄県民投票のことを知り、不参加の5市(沖縄市、宜野湾市、石垣市、うるま市、宮古島市)へのFAXを書く小さな集まりを開く

◇期間◇
1月17日(木)から 1月31日(木)までの緊急アクション

◇必ずおしらせいただきたいこと◇
*いつ
*どこで (例・石川県金沢市自宅 など)
*参加人数
*FAXの枚数

全国何件何カ所の「書く会」が開催され、何枚のFAXが送られたか 把握し 地図上に示して可視化します。

◇プレスリリース◇
出来れば、地元の信頼できる報道機関に取材をお願いしてみましょう。

◇SNSで発信してください◇
可能であれば FB、Twitter、インスタグラムなどで「#全国一斉FAXアクション」「#沖縄県民投票」などのハッシュタグをつけて、感想や参加者の声などをどんどん発信して下さい。

◇ 県民投票不参加の5市 市役所FAX番号◇
宜野湾市 098-893-1232
沖縄市 総務部総務課 098-934-3830
うるま市 総務部総務課 098-973-9819
宮古市 0980-73-1645
石垣市 0980-83-1427
※FAX番号はお間違えのないようにお願いします!※

★☆・・・・・・・☆★

#全国一斉FAXアクション
#沖縄県民投票
#10万人の声を消さないで