カテゴリー別アーカイブ: 01.お知らせ

衆議院選挙で市民自治こがねいは「菅直人」前衆議院議員を応援します!

市民自治こがねいは、東京18区(小金井、武蔵野、府中)での、立憲野党統一候補擁立に向け、2016年5月に設立された「選挙で変えよう!こがねい市民連合」と共に活動してきました。
今回の総選挙において、共産党が候補を取り下げ、東京18区市民連合として、統一候補の菅直人前衆議院議員を応援することになったため、10月6日、菅直人前衆議院議員と懇談し、応援を決定しました。
統一を実現した、こがねい市民連合、そして府中や武蔵野の市民の活動と熱意に感謝します。
多くの市民の連帯の思いが実った今回の選挙では、なんとしても、18区では自民党、希望の党に勝利しなければなりません。
比例区においても、私たちは、安保法制に反対して平和を守り、原発を無くし、格差是正に取り組み差別のない社会を作る、憲法に基づく政治を行う、立憲政党を応援します。
そして、この地域から、市民主導の選挙と国政に変えていきましょう!

2017年10月9日 市民自治こがねい運営委員会
https://www.sijiko.com/20171009/

10/22 議会報告会のお知らせ

小金井市議会では議会基本条例に則り、議会としての報告会を年1回以上、開催することになっています。今回は、今の小金井にとって最も重要な、新庁舎と新福祉会館に関する意見交換会を予定。
各会派からの意見表明もあります。ぜひお気軽にお越しください!
※手話通訳あり ※保育の予約も受け付けています。
日時:10月22日(日) 15:00~17:00
場所:本庁舎3階 第一会議室
問い合わせ先:議会事務局(042-387-9947)

10/1市民がつくる、市民が動かす 韓国の政治 〜市民と議員による韓国政策調査の会の視察に参加して〜

市民がつくる、市民が動かす 韓国の政治

〜市民と議員による韓国政策調査の会の視察に参加して〜

 

2017年7月26日から29日まで、韓国ソウル市での、超党派の市民と議員による政策調査に参加しました。

ムン・ジェイン新政権下における医療特区の動向、パク・ウォンスン市長のソウル市政の運営をテーマに、マニフェスト実践本部や医療労組、野党の正義党、参与連帯、労働政策研究所などを訪ね、若い世代による新しい市民参加型政治のあり方を学びました。

ソンミサンマウルでの市民の共同体での交流会や、戦争と女性の人権博物館、西大門刑務所歴史館見学などについても、報告書では触れられています。

100 万人デモによって、パク・クネ前大統領を弾劾したパワーや、新政権の政策を市民が作っていく様子はエネルギーにあふれています。韓国は本当にすぐ隣の身近な国だと改めて実感。

市民や自治体議員間での韓国との政策研究交流を深め、平和外交を強めたいと思っています。

日時:10月1日(日)18:00〜20:00

報告:片山かおる(市議会議員)

場所:市民交流スペース カエルハウス(小金井市中町4-17-11-1F) 042-316-1511

資料代・参加費:300円

主催:片山かおるといっしょにかえる小金井の会

 

『都市計画道路「3・4・1号線」「3・4・11号線外」の計画について見直しと誠意ある対応を求める意見書』全員一致で可決!

9/25、小金井市議会本会議にて、『都市計画道路「3・4・1号線」「3・4・11号線外」の計画について見直しと誠意ある対応を求める意見書』が全員一致で採択されました。

この意見書作成については、先日、東京都に有志の議員12名から提出した要請書が下敷きになっていますが、さらに多くの会派の意見を取り入れ、この数日間で精査したものです。

2016年3月には、『都市計画道路「小金井3・4・1号線」「小金井3・4・11号線外」の 計画の見直しを求める意見書』を賛成多数で可決していますが、自民党は反対していました。

今回は自民党も提案会派になり、全員一致で可決できたということは重要です。

小金井市議会としての東京都への意思は示しました。次は市長の番です。

9/24市民と超党派議員の韓国調査報告会

加計学園・森友学園で問題になっている国家戦略特区ですが、韓国では韓米FTA発効後、経済自由区という名前で特区政策を行っています。日本では官製ワーキングプアなど非正規公務員や民営化による低賃金が問題になっていますが、韓国ソウル市では公共部門の非正規労働者の正規職(無期契約)化などで成果をあげ、国や民間企業にも影響を及ぼしています。
こうしたテーマを中心に、市民と党派を超えた議員とで、韓国調査を行い、ムン・ジェイン新政権下における医療特区の動向、パク・ウォンスン市長のソウル市政の運営などについて、また、マニュフェスト実践本部や保健医療労組、野党の正義党、参与連帯、労働社会研究所などを訪ねました。
100万人ろうそくデモ(延べ1700万人)によって、パク・クネ前大統領を弾劾したパワーや若い世代による新しい市民参加型政治の状況、新政権の政策を市民が作っていくやり方を、共有しませんか。ぜひ、お気軽にご参加ください。

調査報告
・マニュフェスト選挙
・医療特区
・参与連帯(最大の市民団体)
・公共部門非正規労働者の正規職化・委託先職員の正規職員化や生活保障賃金制度
・ソンミサンマウル(地域の新たな市民協働)での市民との交流会ほか


日時:2017年9月24日(日) 17:45開場 18:00スタート
場所:文京区民センター2A会議室
参加費:500円
主催:市民と議員による韓国政策調査の会
会津素子(成田市議)伊藤とし子(佐倉市議)岩井京子(大田区民)植田真紀(高松市議)太田あゆみ(高松市議)長南博邦(野田市議)鬼木のぞみ(岡山市議)片山かおる(小金井市議)白石孝(NPO官製ワーキングプア研究会)奈須りえ(大田区議)初鹿明博(衆議院議員)治田学(渋谷区議)藤代政夫(千葉県議員)米田晴彦(香川県議)
報告会協力:全国フェミニスト議員連盟

問い合わせ(奈須):メール office@nasurie.com
電話03(6303)8671
FAX03(6303)8672