カテゴリー別アーカイブ: 01.お知らせ

10/25、「あるくラジオ」に出演します。

レイバーネットの佐々木さんにお誘いされて、10/25のインターネット放送「あるくラジオ」
に出ることになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.labornetjp.org/news/2020/1025kokuti?fbclid=
IwAR0x-wvWUYGYVLD55Sj-YwdFNuqFmdhdtfCC_escJPqgrPyL7YlJxVmrQWM
あるくラジオ第12回のご案内です。
今回のゲストは、小金井市議の片山かおるさんです。

コロナ禍から見えてきたこと、地域、市民自治などをキーワードに思う存分語っていただき
ます。ぜひお聞きください。(佐々木有美)

●あるくラジオ第12回 放送「地域をつなぎ社会をカエル―東京・小金井市議 片山かおる
さんに聞く」
2020年10月25日(日)午後2時~3時

以下のサイトから配信します。
https://aruku-radio.jimdofree.com/

●ゲスト 片山かおるさん(小金井市議会議員)

●パーソナリティー=しまひでひろ/ささきゆみ

 今回は、小金井市議の片山かおるさんをお迎えします。
 片山さんは、映像関係の仕事していましたが、2009年市議に初当選。以来3期11年間、
子どもや女性の問題、原発事故避難者支援、貧困問題など多分野で活躍してきました。
2018年、2019年には、日韓市民交流を進める「希望連帯」の一員として韓国・ソウル市
を訪問。ソウルの街の「市民民主主義」を膚で感じて来ました。地域では「市民交流スペ
ースカエルハウス」を主宰。映画・音楽などの文化企画から相談活動まで、幅広く市民を
つないでいます。今回のコロナ禍では、「新型コロナ災害緊急アクション」を中心で支え
ると同時に、「カエルハウス困りごとなんでも相談&居場所」を作りました。ここで様々
な人と出会いながら「人と人が顔を合わせ、知恵を寄せ合い、ともに解決の道をさぐる、
分ちあいの社会をつくることが大事であると、深く感じました」と片山さんは書いていま
す。コロナ禍で、今の社会の矛盾が浮き彫りになりました。市民自治、地域から社会を変
えることなど、片山さんの経験を通してお話していただければとおもいます。
 パートナーと22歳、25歳の息子さん、老黒猫のエトゥーちゃんと暮らす片山さんの趣味
は、古い家探し、自分なりの自然食療法、心豊かに楽しく暮らす方法を追及することだそ
うです。
 ご期待ください。

●配信スタジオ ビデオプレス
●放送後はアーカイブで、いつでもお聞きいただけます。
https://aruku-radio.jimdofree.com/
●お問い合わせ・ご感想などは、mgg01231@nifty.ne.jp に寄せください。

※過去の放送一覧
第1回  動き出した若者(ゲスト 依草太)
第2回  原発労働者はいま(ゲスト あらかぶさん)
第3回  高校生は自由を求める―東京の学校はいま(ゲスト 高校生/永井栄俊)
第4回  いまの日本、いまの世界(ゲスト 太田昌国)
第5回  切り捨てられる北海道―JR民営化30年後の末路(ゲスト 黒鉄好)
第6回  朝鮮学校ってどういうところ? いま何が起きているの?(ゲスト 森本孝子/
ソン・ファスク)
第7回  記憶こそが民衆の武器(ゲスト 池田恵理子)
第8回  パラリンピック、文学そしてネット(ゲスト 大西赤人)
第9回  そそのかしたものの正体(ゲスト 北村小夜)
第10回  今こそ川柳の出番です(ゲスト 乱鬼龍)
第11回  時代に挑み、時代と生きる(ゲスト 木下昌明)


「女性と労働〜コロナ災害のもとで働く現場はどうなっているの?〜」

コロナ災害下で、特に非正規労働者の女性たちの労働契約や労働条件など、これまで気に留めていなかった女性たちからも、休業補償の相談が何件も寄せられるなど、改めて自分の身におよぶ問題として浮き上がってきました。

さらに、何の補償もない、外国籍労働者の問題にも目を向けます。

この機会に、女性の労働問題を見つめ直し、今起こっている問題に対処する方法を身につけられる講座を企画したいと思います。

 

 

第1回 コロナ災害下での外国籍の女性の労働問題

講師:ドアン・ティー・フォーンさん(国際人材サポート株式会社社長 小金井在住)

進行:唐家妙子さん(こがねい女性ネットワーク)

日時:9月27日(日)午後2:00〜4:00

場所:上之原会館 学習室AB

 

第2回 官製ワーキングプア研究会の調査と休業補償問題などの報告

講師:白石孝さん(官製ワーキングプア研究会)

休業補償に関する交渉の報告:糸井美和さん(言語聴覚士、小金井在住)

日時:10月4日(日)午後2:00〜4:30

場所:小金井市市民会館3F 萌え木ホールA室

 

第3回 介護労働の現場から

講師:伊藤みどりさん(介護福祉士・はたらく女性の全国センター)

日時:11月21(土)14:00〜16:00

場所未定

 

 

主催・申し込み:女性の労働問題を考える小金井の会(tel:090-2460-9303)

協力:こがねい女性ネットワーク

定員:部屋の定員が半分になっているので20〜30人程度

資料代:各回500円

◇カエルカフェ◇ 『パブリック図書館の奇跡』 のこと、語り合いませんか?

◇カエルカフェ◇

『パブリック図書館の奇跡』のこと、語り合いませんか?

 

映画『パブリック 図書館の奇跡』監督・主演:エミリオ・エステベス、観ましたか?
図書館って、ほんとはどういうところなのか、どんな役割を持つところなのか、公共って、一体どういうことなのか、今一度考えたくなる映画です。
なにより出演者が魅力的すぎる。
ぜひ一度でも何度でも観てみてください。
そして、おおいに語り合いましょう!
※『怒りの葡萄』も読んでおかないと。。

日時:9月21日(月休) 14:00〜16:00
場所:市民交流スペース カエルハウス
(小金井市中町4-17-11 JR武蔵小金井駅南口徒歩6分 連雀通り沿い)
参加費(お茶代):300円 (終了後、持ち寄り懇親会があるかも。)
主催・問い合わせ:カエルハウス運営委員会 042-316-1511

8/30 ヌエックフォーラム「コロナ時代だからこそ、女性の声・女性議員の声を!」

すでに始まっている今年のヌエックフォーラムですが、8/30は全国フェミニスト議員連盟のセミナーがあります。

今年は全てオンラインでの開催となりましたが、フェミ議連セミナーは小金井の市民交流スペース カエルハウス よりの発信となります。

ご都合よろしければ、ぜひアクセスしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の国立女性教育会館主催の男女共同参画推進フォーラムは、コロナ禍のもと、オンライン会議となりました。

当会の企画は以下の通りです。ぜひ、多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

会員以外の方々にも広くご案内いただき、ご一緒に男女平等の取り組みを大きく広げていきましょう。

 

タイトル:コロナ時代だからこそ、女性の声・女性議員の声を!

日時  :830()13:0015:00

内容  :①DV被害者支援から  :吉祥眞佐緒(エープラス代表)

     ②フェミギ連の要請活動:小磯 妙子

(全国フェミニスト議員連盟前共同代表)

     ③女性議員がいない! ~愛知県みよし市の場合~

      山盛さちえ(女性を議会へ!ネット代表)×三井マリ子(ゼロ撲メンバー)

     ④意見交換      :パネリスト&参加者

 

申し込み・参加方法:8279時~

①    ヌエックホームページ掲載「参加申し込みフォーム」で参加申し込み

http://www.nwec.jp

②    男女共同参画推進フォーラム特設サイトにログイン

③    8月30日フェミギオンライン会議(W4)にアクセル

④    事前申し込みフォームに記入

⑤    登録アドレスに当日の入室URLが送られてくる

⑥    Zoom会議に参加できるようにしておく

⑦    当日、URLにアクセルして、参加

参加費用  :無料

問い合わせ :090-4125-9259(陣内) jinjinya.nonno@gmail.com

 

*特設サイトにログインすると、当会のパネル展示、情報のひろばをはじめ、ヌエック主催の基調講演やシンポジウム、他団体のワークショップ等にもアクセスすることができます。