カテゴリー別アーカイブ: 08.子どもの権利・子どもの貧困

「だれもが住みよい社会にするために、政策決定の場には女性が必要!」月刊ミニコミ誌『たんぽぽ』11月号

松戸市民の方々が発行されている、月刊ミニコミ誌『たんぽぽ』11月号に掲載された文章です。

女性議員の比率が高い小金井市議会の現状を踏まえて、今年5月に成立した「政治分野における男女共同参画に関する法律」やヨーロッパ、韓国などのクオータ制の実施などから女性議員を大幅に拡大することの意義について書いてほしい、という依頼でした。

小金井市議会で現在取り組んでいることを主に書いてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「だれもが住みよい社会にするために、政策決定の場には女性が必要!」

(片山かおる/小金井市議会議員)

2018年5月、「政治分野における男女共同参画に関する法律」が公布・施行されました。

『クオータ制を推進する会(Qの会)』などの女性たちが何年もかかって運動を続け、ようやく成立した法律です。私が所属する『全国フェミニスト議員連盟』もQの会の一員として、ロビー活動や院内集会などに協力してきました。

小金井市議会からも、2015年には「政治分野における『女性参画推進法』の制定並びに公職選挙法の一部改 正を求める意見書」、2016年には「政治分野への男女共同参画推進法の制定を求める意見書」を可決し、国会と政府に送付しています。

韓国では、選挙制度にクオータ制が採用され、少しずつ女性議員比率が増えています。韓国の野党の『正義党』では、比例代表は、障がい者、女性、男性、という順番にしているそうです。与党の『共に民主党』でも、比例ではクオータ制を取り入れていますが、小選挙区で女性候補を擁立するのが難しいと聞きます。

2017年、2018年に、ソウルの市民民主主義政策の視察に行ったときに、市民運動や、組合運動などの説明に立つのは、若い世代の女性が多かったのが非常に印象的でした。

ソウルの冠岳住民連帯の前で、いわき市議の佐藤和良さんから福島原発事故の被害を語ったとき、我慢できず「ろうそくを灯そう!」と、叫んだのも女性です。100万人以上が集まった、ろうそく革命で政権を変えた、韓国の人々たちの気迫と意気込みを感じました。

日本でも、市民の意識が少しずつ変わってきています。特に子どもを抱えた若い世代が、保育所や学校など、子どもの育つ現場から感じる、社会の違和感、異様さを、多くの人に発信して議論を興すことが、少しずつでも社会を変えることに繋がっています。

小金井市では、「子どもの権利に関する条例」が2009年に制定されるまで、小さな子どもを抱える市民が中心となり、9年余りの年月をかけて審議会参加や、勉強会、陳情など、あらゆる手段を使って、権利条例の必要を訴えてきました。男女平等条例や子どもの権利へのバックラッシュが各地で起こっていた時期です。小金井でも子どもの権利より義務を強調する主張が市議会で繰り返されました。当時、「子どもの権利がある街では子育てしたくない」と議会で発言し、次の選挙で落選した女性議員がいました。現在は、復活していますが、市民はひとりひとりの議員の主張をよく見ています。

24人中10人が女性議員の小金井市議会の特徴は、保守系の女性議員が多いことです。自民党会派4人、公明党2人、共産党1人、1人会派3人が女性です。

議会のあらゆる会議体に、全て女性が参加していること、現在は議長、副議長、監査の3役が全て女性であることが、全体の雰囲気を和らげ、単純な多数決ではなくできる限り議論を尽くして合意を生み出そう、という柔軟な議会運営に繋がっています。

現在、私が所属する厚生文教委員会は8人中5人が女性議員です。委員有志と言いながら、実質は全員参加で、市内の学童保育所やこども園の視察。障害者差別解消条例の視察と勉強会や市民との意見交換会をへて、議員提案の修正条例を全会一致で提出。11月には川崎の子どもの権利条例を視察し、権利条例の充実を求める陳情に対する審議を深めます。9月議会で継続審議となった難病者福祉手当の改正条例について、11/11に市民意見交換会を委員有志で開きます。

こういった柔軟な議会活動、議会改革を進められるのは、地に足をつけて、生活に根ざした活動と発言をする女性議員が多いからだと考えます。

「障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例」の修正案  厚生文教委員会 協議経過

6/21の厚生文教委員会で、修正案を提案する時に添付した、条例修正までの競技経過です。

3月に上程されてから、勉強会、視察、意見交換会など、様々な形で、条例検討の協議の土台を組み立て、非公開の場ではありますが、協議を重ね、全員一致で提案できるものにしていきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

厚生文教委員会                   平成30年6月21日

議案第42号に対する修正案資料                   提案委員提出

 

 

「障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例」の修正案

厚生文教委員会 協議経過

 

 

2018年

 

3月 2日 市長案(議案)上程

3月22日 厚生文教委員会 議案審議→継続審議へ

4月12日 市民との勉強会に参加(厚生文教委員有志)

4月26日 厚生文教委員会(条例審議のための委員会)での審議

・前文から10条まで、11条から附則までの、二つの区分に分けて審議した。

 

5月 9日   厚生文教委員会で審議

5月18日 八王子市条例の視察(厚生文教委員有志)

5月19日 議会報告会の第二部(テーブルトーク)にて参加者から条例に対する意見聴取

5月29日 条例(案)についての修正案協議①

5月31日 条例(案)についての修正案協議②

6月 2日   市民との意見交換会を開催(厚生文教委員有志)

・25名の市民等が参加。UDトークと手話通訳を用意。提出された意見提案シートとUDトークの議事録から、市民の意見を拾い出して修正協議に反映した。

 

6月11日 条例(案)についての修正案協議③

6月13日 厚生文教委員会で審議

6月14日 条例(案)についての修正案協議④

6月20日 条例(案)についての修正案協議⑤

・付帯決議と修正案に添付する資料についても協議した。資料として添付できない事項については要望書として、別途、自立支援協議会と市に提出することとなった。

 

6月21日 厚生文教委員会で修正案提案(委員長を除く全委員による)

6月25日 本会議最終日 修正案提案 付帯決議提案

 

 

障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す 小金井市条例に対する修正案

6/21に厚生文教委員会全員(委員長を除く)で提案され、全会一致で可決されました。その後7/3の本会議でも全員一致で可決されています。

修正案の内容と、説明文書です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

議案第42号障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す

小金井市条例に対する修正案

 

議案第42号障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例の一部を次のように修正する。

 

第2条第4号中「正当な理由なく、障害」を「障害」に改め、同条第5号中「無作為」を「不作為」に改める。

第8条第1項第4号を次のように改める。

⑷ 意思疎通を図るとき、及び不特定多数の者に情報を提供するとき。

第8条第1項中第9号を第10号とし、第8号の次に次の1号を加える。

⑼ 防災に関する事業を実施するとき、及び災害が発生したとき。

第16条を第17条とし、第12条から第15条までを1条ずつ繰り下げる。

第11条第4項中「、正当な理由なく」を削り、同条を第12条とする。

第10条第1項中「の障害に応じた教育」を「に応じた教育及び療育」に、「環境を整えるよう努めるものとする」を「措置を講ずるものとする」に改め、同条第2項を次のように改める。

2 市は、幼児、児童及び生徒が障害及び障害者に関する正しい知識を持ち、正しく理解するための教育が行われるよう、必要な措置を講ずるものとする。また、関係職員に対する特別支援教育等の研修の充実を図るものとする。

第10条を第11条とし、第9条を第10条とし、第8条の次に次の1条を加える。

(情報伝達)

第9条 市は、障害者が自ら選択するコミュニケーション手段(字幕、手話通訳、要約筆記、音声解説等をいう。以下同じ。)を利用できるよう、コミュニケーション手段の普及啓発及び利用拡大の支援に努めるものとする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

議案第42号 障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例に対する修正案について、説明いたします。

まずはじめに、2年半にも渡りこの小金井市条例案について協議をしていただいた地域自立支援協議会の皆さまには心から感謝を申し上げます。本修正案は、厚生文教委員会での審議をはじめ、パブリックコメントなどで寄せられた意見が反映されていない点などにも鑑み、より市民意見が反映されたより良い条例にすることで、障害者差別解消に向けた取組を推進できるように、という想いでまとめてきたものであります。

 

(参考資料をつけておりますが)

まず、修正案提出までのプロセスを簡単にご説明いたします。平成30年第1回定例会中、3月2日に追加送付された市長条例案に対して、これまで3月22日、4月26日、5月9日、また、6月13日と合計4回の委員会の中で審議をしてきました。

また、委員会以外でも、あくまで委員会有志ではありましたが、4月12日に市民との勉強会、八王子市条例の視察、議会報告会で意見の聴取、6月2日には市民との意見交換会なども開催し、閉会中を中心に限られた時間ではありましたが、小金井市にとってどのような条例が良いのかを調査・研究を繰り返してきたとことです。ちなみに、6月2日の市民との意見交換会では、手話通訳者の手配や、マイクで話す言葉を可視化するツールである「UDトーク」を採用し、聴覚障害の方にも参加いただきました。当日は25名ほどにご来場いただき、肝心の修正協議は、5月29日・31日・6月11日・15日の計4回に渡り、各会派の意見集約を踏まえて執り行いました。

 

さて、修正案の説明に入ります。

 

まずは

第2条第4号中「正当な理由なく、障害」を「障害」に改め、同条第5号「無作為」を「不作為」に改めます。

 

第8条第1項第4号については、「意思疎通を図るとき、及び不特定多数の者に情報の提供をするとき」に修正いたします。

第8条第1項中第9号を第10号とし、第8号の次に新しく9号として「防災に関する事業を実施するとき、及び災害が発生したとき」を追加する。

 

第16条を第17条とし、第12条から第15条までを1条ずつ繰り下げます。

 

第11条第4項中「、正当な理由なく」を削り、同条を第12条とします。

これについては、医師法や弁護士法においても、「正当な理由なく」という言葉は一般的に使われているので残すべきだ、という意見もありました。

 

第10条第1項中「の障害に応じた教育」を「に応じた教育及び療育」に、「環境を整えるよう努めるものとする」を「措置を講ずるものとする」に改め、同条第2項を次のように改めます。

「市は、幼児、児童及び生徒が障害及び障害者に関する正しい知識を持ち、正しく理解するための教育が行われるよう、必要な措置を講ずるものとする。また、関係職員に対する特別支援教育等の研修の充実を図るものとする」

いずれも、過重な負担がかかることまで求めるものではありません。

 

第10条を第11条とし、第9条を第10条とし、第8条の次に新たな第9条(情報伝達)として次の1条を加える。

「市は、障害者が自ら選択するコミュニケーション手段(字幕、手話通訳、要約筆記、音声解読等をいう。以下に同じ)を利用できるよう、コミュニケーション手段の普及啓発及び利用拡大の支援に努めるものとする。」

 

修正内容についての説明は以上となります。

 

修正案の作成にあたりましては、様々な市民の皆様をはじめ多くの方にご支援をいただきました。心から感謝を申し上げます。また、厚生文教委員の中でもそれぞれ考え方が違う中でも一致点を見出すために協議を重ね、何とかまとめあげ委員長を除く全委員の連名で提案できる内容となったことは、大きな収穫だと感じています。まだまだ不十分だとお叱りを受けることもあろうかと存じますが、この条例は策定し施行することがゴールではなく、ここからがスタートです。「障害の社会モデル」という認識が一般的になるよう、そして条例のタイトルにあるように、「障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市」になるよう、委員会としても引き続き、このテーマについて種々取り組んでいきたいと思います。地域自立支援協議会の皆様をはじめ、各関係者の皆様、今後共どうぞよろしくお願いいたします。

以上で説明を終わります。

6/2「障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例」意見交換会

「障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例(案)」についての意見交換会のお知らせ
 
みんながこの街で、互いの違いを認め合いながらともに生きるために差別をなくす条例を作っています。
 
障害者の権利に関する条約と障害を理由とする差別の解消の推進に関する法に基づき、小金井市でも独自の条例策定に取り組んでいます。
この条例が制定されることで、障害による差別が解消されるよう、いろんな立場の市民の方と意見交換したいと思っています。
どんな条例になるといいのか、皆さんの声をお寄せください。
 
日時:2018年6月2日(土) 午後6時より午後8時まで
場所:前原暫定集会施設A室(小金井市前原町3-33-27  JR武蔵小金井駅南口徒歩6分 連雀通り沿い)
◇参加無料、どなたでもご参加ください。
主催:市議会厚生文教委員会有志
問い合わせ:水上洋志(厚生文教委員長) 090-9146-9521 田頭祐子(厚生文教副委員長) 042-326-3132
※手話通訳、UDトーク予定。
※議会審議の参考とするため、記録を録らせていただきます。

片山かおるの一般質問 12/8(金)13:00予定

12/1より第四回定例会が始まります。片山かおるの一般質問は12/8(金)13:00からの予定です。

1.子どもの多様な学びの権利保障を〜不登校の子どもの居場所と外国籍児童の支援

不登校の子どもの居場所である、もくせい教室(適応指導教室)は、古いマンションの3Fで、小・中学生が同じ教室を使う狭い空間にあります。男子トイレの一つは壊れたまま。和式のため、近くの店舗の洋式トイレを借りに行くこともあるそうです。指導者は退職した中学校の校長がメイン。来年度はスクールソーシャルワーカーの配置も危うい状況。

2016年には教育機会確保法が制定されました。子どもの多様な学びの中に、不登校の子どもたちへの支援も含まれます。小金井では国分寺のように外国籍児童への学習支援が整っておらずボランティア頼みです。

来年度は子どもの権利条例制定10周年です。同じく、子どもの権利条例のある川崎市の夢パークみたいに、どんな立場の子どもであっても受け入れるような居場所を整えて、子どもの権利保障の制度を整えて行くべきではないでしょうか。

1) 不登校児童への対応、施策について。スクールソーシャルワーカーの役割。

2) もくせい教室(適応指導教室)の現状と今後について。

3)外国籍児童への支援体制について。

4)子どもの権利条例制定10周年に向けて、市としての取り組みは。

 

2.貧困の連鎖を断ち切る〜生活保護世帯の大学進学を

生活保護世帯の大学・専門学校への進学は、全国的に見ても一般世帯より格段に低くなっています。現在の生活保護のカウンターや相談室の改善も必要。誰もが教育を受ける権利が保障されるよう、市の支援体制を整えなくてはなりません。

1) 生活保護世帯の大学・専門学校への進学状況は。進学相談への対応や支援は。

2) 生活保護のカウンターや相談室の改善を。

 

3. 公民館本館は一体どこに行くのか〜新福祉会館計画の見直しを

10月に教育委員会は「新しい時代の公民館の在り方について」を発表しましたが、公民館本館の今後が示されません。まさか、公民館を廃止して行く方向では?

1)   社会教育と社会福祉を共に進めるためにも、公民館本館は新福祉会館に入れるべきである。またはいつまでにどこに建てるのかを明言するべきである。

2)   子ども家庭支援センターのような相談の場は各地域にあるべきで、保健センターの検診のあり方は今の時代に沿った形に見直すべきである。

3) パブリックコメント後、建設計画の見直しを十分に議論し、多くの市民が納得する新福祉会館にするべきである。