カテゴリー別アーカイブ: 07.カエルハウス

4/13(日)ゆずりは&カエルハウスバザー&ライブ

☆カエルハウス 春のきまぐれバザー
日時:4月13日(日) 午前11:00〜午後4:00 入場無料
雑貨、衣服などのリサイクルバザー、ろばやコーヒー&紅茶他のミニカフェあり

☆尾引浩志口琴&ホーメイワークショップ『カエルハウスでびよよよよ〜〜〜ん!』  日時:4月13日(日)午後2時より
参加費:1,000円(お茶菓子代込み・口琴無料貸出有り)
親子参加1,000円 子どものみ500円  定員:15名程度(要予約)
講師:尾引浩志さん(ホーメイ、口琴、イギル奏者・あいのてさん・倍音S)
場所:市民交流スペース カエルハウス
地図はこちら http://kaeruhouse.exblog.jp/15979904/
問合せ・予約申込は メール:kaeruhousenews@yahoo.co.jp
当日連絡先:カエルハウスtel:042-316-1511
主催:カエルハウス運営委員会
————————————————————
☆ゆずりはOne Dayマーケット&カフェ
カエルハウスのお隣、児童養護施設等退所者のアフターケア相談所『ゆずりは』。
今年も1日だけのマーケット&カフェが開催されます。
カエルハウスのバザーと合わせて、みなさんぜひいらしてください!
日時:4月13日(日) 午前11:00〜午後4:00
場所:小金井市中町3-10-10 http://asunaro-yuzuriha.jp/access.html
内容:「あたらしい日常料理」主催 藤原奈緒さんのOne Day Cafe キッチン暁子手作りジャム、avantiオーガニックコットンベビー服、あえば陽子さん オーガニック焼き菓子、やまさき薫さんクラフト文具、すずなりミニアロマサロン、ゆるりんこ誕生日占い、リサイクル絵本/手作りアクセサリー など

カエルハウスオープンデイ、はじめます

いつも閉まっているわね、と言われ続けてきてしまいました。

なかなか平日の日中は議会やその他の用事のため、常駐することができずにいます。

でもちょっとずつでも開ける日を作ろう、と相談し、何人かが交代でオープデイを作ることにしました。

10/9(水)13:00〜17:00

10/18(金)13:00〜16:00

10/23(水)13:00〜17:00

10/28(月)13:00〜17:00

日程変更の場合もあります。すでに10/18が変更になる可能性大。お越しの際は、カエルハウスカレンダーか、お電話(042-316-1511)でご確認ください。

お茶でも飲みながら、手仕事しながら気軽にお話する場にしたいと思ってます。たぶん看板にペンキ塗っていたり、ちくちく布を縫っていたり、押し入れ片付けしていたり、とばたばたしていると思いますが。

なにか相談があればできる範囲でお受けします。

お気軽にお寄りください。

 

9/5久田恵さんと人形劇 東北キャラバン報告

「『ファンタスティックに生きる!』

久田恵さんと人形劇『「パペレッタカンパニー」 東北キャラバン報告IN小金井」

〈お話する人〉久田恵さん(パペレッタカンパニー主宰/ノンフィクション作家)

☆シングルマザー、三十代からずっと続いた両親の介護。

人生って困難が前提だったのね…。

「ここからどこかへ行く自由」を考え続けた久田さんは、「ここにいてもなおかつ自由」になるため、「日々をファンタスティックに生きる!」ことを人生の新テーマにしました。ノンフィクション作家をしながら、2004年には、人形劇団「パペレッタカンパニー」を立ちあげ、今年8月には、東北キャラバン(岩手県大槌町、大船渡、釜石)に行ってきました!

人形劇団を立ち上げた理由、「ファンタスティックに生きる」こと、東北キャラバンでの子ども達の様子などなど、お話しして頂きます。

〜久田恵さんと、人形劇団パペレッタカンパニー〜

人形劇団ひとみ座に在籍していたこともあり、子育ても介護も終えて「また人形劇をやりたい!」と、この指とまれ方式で、職業も年齢もさまざまな仲間を集め活動中。練馬区の自宅を改造、開放、拠点にし、地域に根差した人形劇を展開。

被災地への出前公演やワークショップなども企画している。

久田さんはサーカスで子育てをしたり、シングルマザー、介護の経験を題材に書いています。

人を巻き込むのが上手、人の隠れた才能を引き出すのが上手。

そして何より久田さん自身がすごーくヘンテコでユニークな人です!

〈HP〉http://homepage2.nifty.com/hanagesisha/index.html

日時:9月5日(木)

時間:19時から21時

場所:市民交流スペースカエルハウス(中町3-10-10-103)

参加費:500円

主催:カエルハウス運営委員会

〈問い合わせ〉 Tel 090‐6344‐9323 または042-316-1511(当日)

E-mail:kaeruhousenews@yahoo.co.jp

今週末のお知らせ

今週末、ゆずりは&カエルハウスマーケット
アフターケア相談所ゆずりはからのお知らせ
ゆずりはマーケット開催
3月30日(土)11時〜17時アフターケア相談所ゆずりはにて
1日だけのカフェ&マーケットを開催いたします

アバンティのオーガニックコットンの製品
やまさき薫さんの紙文具
手作りアクセサリーとレース製品
オーガニック焼き菓子
国産はちみつ
すずなりのアロママッサージ
リサイクル絵本
子どもや児童虐待に関する本
などなど販売します!!

カフェのお料理はbroom&bioomでお料理を担当していた藤原奈緒さんに作っていただきます
ゆずりはマーケットの売り上げは全てゆずりは基金(施設退所者のための就学支援金)に寄付いたします
小金井公園の桜も見事に咲きほこっています。お散歩がてら、見学がてら、たくさんの方にゆずりはに足を運んでもらえると嬉しいです

前回のマーケットの様子
http://yuzurihasunaro.blogspot.jp/2011/11/blog-post.html
......................................................
カエルハウス1dayマーケット、今回も同時開催しますよ〜!

しばらく小金井市議会議員選挙のためカエルハウスお休みしていましたが、
無事終了いたしましたので、市民交流スペース復活です!

3月30日(土) 昼12時から夕方4時ごろまで
市民交流スペース カエルハウスにて 当日連絡先:042-316-1511

げんぱつチョキチョキーズ げんちょきTシャツ販売
書籍「大震災と子どもの貧困白書」「元気が出る就学援助の本」武藤類子著「福島からあなたへ」漢人明子著「『内部被ばく』こうすれば防げる!〜放射能を21年間測りづづけた女性市議からのアドバイス」「放射能と向き合う本Part3」イトー・ターリ著「ムーヴ あるパフォーマンスアーティストの場合」ほか、ママレボ最新号など販売
ミニカフェコーナー(ろばやコーヒー、チャイの予定) などなど・・・
みなさんのお越しをお待ちしています!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
市民交流スペース カエルハウス
小金井市中町3-10-10-103 tel/fax:042-316-1511
kaeruhousenews@yahoo.co.jp
http://kaeruhouse.exblog.jp/

 

11/1「小金井の生活困窮者の支援を考える〜母子心中事件を受けて〜」

小金井には無料低額宿泊所の他、簡易宿泊所も多くあり、生活保護受給者がやむを得ず暮らしている場がいくつもあります。パッと見た目には、町の中にはホームレスの姿も見えず、公園や川沿いに住んでいた野宿者も排除され、中流が多いと言われ、生活困窮者などいないように見えます。
しかしその陰で、簡易宿泊所でお母さんがお子さんとともに心中するという痛ましい事件が起こってしまいました。
小金井にはホームレス支援の団体も、生活困窮者が相談に行きやすい民間の場もありません。
2011年、児童養護施設退所者のアフターケア相談所「ゆずりは」がオープンしました。施設を出た若者たちの他にも、様々な生活困窮者の相談に乗っているということです。
「ゆずりは」の高橋亜美さんの話と、立川市で起きた母子死亡事件の中間報告などを参考にしながら、立川でホームレス支援の活動をしている立川市議の大沢豊さんの話を聞いて、小金井で何ができるか考えていきたいと思います。

日時:11月1日(木)PM8:00から
お話:高橋亜美さん(児童養護施設退所者のアフターケア相談所「ゆずりは」)
大沢豊さん(立川市議会議員)

※大沢さんは立川のホームレス支援の場であるさんきゅうハウスと地域住民との交渉が発生したため、当日は参加できないか、遅れてくることになるとのことです。


場所:市民交流スペース カエルハウス(小金井市中町3-10-10-103)
参加費:500円
主催・問合せ:カエルハウス実行委員会 042-316-1511