カテゴリー別アーカイブ: 11.保育園・学童保育

学童保育所の民間委託説明会が開かれています

9/1〜7にかけて、2015年4月からの学童保育所4所の民間委託についての説明会が開かれます。親と市の間では学童保育の運営基準について協議が続けられています。職員組合と市の労使協議が整い、すっかり民間委託が決まったような雰囲気ですが、議会にはまだ具体的な提案がされていません。来年度分も含めて1億2900万円が提案されています。説明会でのやりとりを確認していきたいと思います。

9/1(月)あかね学童、9/2(火)さわらび学童、9/4(木)まえはら学童、9/5(金)みどり学童、各19:00〜21:00

9/7(日)あかね学童10:00〜12:00、公民館本館学習室AB 14:00〜16:00

子どもの育つ場がどう変わるの?〜子ども子育て新制度による保育園と学童保育の条例が提案されました

2015年4月から始まる「子ども・子育て支援新制度」にあわせて、保育園の基準について2つ、学童保育について2つの条例が提案されました。

「子ども・子育て会議」で議論をしている真っ最中です。基準に関するパブリックコメントも慌てて行われましたが、市の回答は9/3の子ども・子育て会議で報告され、4つの条例は9/9に議会に上程され、9/11の厚生文教委員会で審議される、というあまりにも性急なスケジュールに、議員の中でも戸惑いを隠せないでいます。

新制度については様々な見方がありますが、施設関係者も利用者もまったく飲み込めないまま、進められようとしています。幼稚園が少ない小金井では、待機児解消策には繋がらないようにも思います。また、公立保育園の運営見直しや学童保育所の民間委託などが提案され、議論されている最中です。制度についての議論が中途半端なまま、子どもの権利がないがしろにされ、子どもの視点に立った保育が置き去りにならないように気をつけないとなりません。

待機児童対策、アスベスト条例の改正、臨時職員の条例など

◇待機児対策〜グループ保育室(小規模保育室)3施設と認証保育所開設予算が計上

 

補正予算にグループ保育室(小規模保育室)の予算が組まれました。6〜10人の定員。マンション等の共同住宅や戸立ての使用も想定。3施設を開設。要綱等はこれから。かつての保育室制度とどのように違うのか確認していきたい思います。持続可能な経営が可能なのか。かつての保育室は苦しい経営を強いられ、認証保育所に移行せざるを得なくなりました。桜町に40人規模の認証保育所もできる予定。小金井全体の保育や子育てビジョンの見通しが気になるところです。

その他、緊急雇用創出事業の制度が変わり、中小企業処遇改善を支援する事業ができました。福祉作業所でデザインするなど、障がい者アートに注目が集まりそうです。

 

◇アスベスト飛散防止条例の改正の提案があります

大気汚染防止法の改正に伴い、工事の発注者にも調査の責任が生じることになります。小金井市アスベスト飛散防止条例は議員提案でできた条例ですが、一年経ってもまだ規則ができていません。今回の改正後、速やかに規則を制定し、実効性を持つ条例となってほしいものです。

5/25にはアスベストセンターが主催する「アスベスト対策のいま〜大気汚染防止法改正と自治体の役割」と題したシンポジウムに参加しました。川崎や尼崎の先進事例とともに、小金井の条例についても紹介されました。先進自治体の運用を見習いながら進めていくべきです。

 

◇臨時職員の交通費に関する条例の提案があります

これまで出ていなかった臨時職員の交通相当分を支払う事ができるようにする条例です。補正予算にも条例ができたことを見込んでの予算が計上されています。

議案
http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/gikaijimukyoku/gikaijimukyoku/info/25-3tei-gian.files/26-2gian.pdf

学童保育業務の意見交換会が開かれています

学童保育の業務見直しについて、学童保育所運営協議会(親と担当課と指導員の協議の場)が主催する意見交換会。この枠組みでの意見交換会という形は素晴らしいことですが、すでに民間委託について労使合意をしたあとに開かれていることで、親からは不満の声が多く出そうです。協議会の枠組みが作れたことも親の運動の成果でした。ここで一気に民間委託ではなく、行政はもっと先を見越して学童の親たちの住民自治の力を育てていくべきです。

11/6(水)19:00 みどり学童

11/8(金)19:30 福祉会館

11/10(日)15:30 萌え木ホール

11/14(金)19:00 たまむし学童

6/24に6月議会が終わりました。閉会中の日程など

副市長をふたりにしたいという市長の提案は継続審議に。

認証保育所の増設や、ピノキオ幼児園とけやき保育園の設計委託料などの入った補正予算は可決。ピノキオ、けやきの移転についてはもっと慎重な計画のたてかたが求められています。どうも行き当たりばったりの保育行政。子どもの目線がないです。

 

2つめの補正予算が予備日の6/22に提案されました。環境配慮型住宅を滄浪泉園内の旧宮本邸跡に作りたいという予算と、貫井北町地域センター建設のための市民検討委員会に女性委員を増やしたいという予算。

環境配慮型住宅はほんとは中町の農工大近くに作る予定でしたが、土地の問題があり滄浪泉園内にやむなく移転。モデルハウスとカフェ機能的なものなので、もっとにぎやかな場所の方がいいのですが。。

女性委員がひとりも選ばれなかった地域センター市民検討委員会。今回は対処できましたが、今後は男女比に問題がない審議会委員の選び方のルールを作らないと。

 

◇閉会中の日程◇(原則10:00より)

7/16(金)行財政改革調査特別委員会

7/21(水)総務企画委員会

7/27(火)13:00庁舎建設等調査特別委員会

8/17(火)駅周辺整備調査特別委員会

8/20(金)厚生文教委員会

8/24(火)建設環境委員会

8/25(水)14:00議会運営委員会

8/26(木)ごみ処理施設建設等調査特別委員会

8/30(月)第3回定例会初日