カテゴリー別アーカイブ: 14.一般質問

12月議会の一般質問(平日、残時間)は12/7(水)PM1:15ごろ予定

小金井市議会の一般質問はひとり1時間の持ち時間です。

今回は日曜議会でひとり15分ずつの持ち時間となっていますので、45分間の質問時間が残っています。12/6〜8まで、残時間の質問が続きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

片山かおるの一般質問(残時間)12/7(水)PM1:15より予定

 

 1.義務教育なのに、なぜお金がかかるのか。保護者負担の実態調査と就学援助の必要性を問う。

1)制服代の各校比較をするべきではないか。今の時代にあった制服リサイクルの仕組みを。新しくデザインを変える時の販売店等関係者の負担はどのようなものか。

2)給食費の値上げの根拠と必要性はなにか。値上げ分は就学援助での給食費負担で相殺されるのではないか。

3)就学援助の認定倍率引き下げによる影響を詳細に調査すべきではないか。

2.文書の保存年限について。保育料値上げの際に、15年前の値上げの際の市民説明会等の資料請求をしたところ、議会が請求した資料しか残っておらず、行政では保存されていないことがわかった。市民が参画した政策決定の過程や、議事録、資料はどのような取り扱いか。今後、市民参画を補助する公文書としてどのようにアーカイブし、次の世代への貴重な資料として引き継いでいくのか。

1)文書保存の規程について。政策決定の過程は、わかりやすく記録し保存していくべきではないか。

2)電子データ化の検討について

3)図書館や情報公開コーナー、議会図書室との今後の連携について

12/1から12月議会が始まります。12/4は日曜議会

12/1から12月議会(第4回定例会)が始まります。

今回の定例会中には年一回の日曜議会(12/4(日)AM10:00からPM5:15まで)も開催されます。

平日の議会を傍聴できない方にも、ぜひ議会に関心を持ってほしい、という思いで始めた日曜議会。昨年は3月議会での施政方針への質疑でしたが、今年は一般質問による日曜議会です。

23人の議員が質問通告をしています。ひとり15分の持ち時間です。私は12番目なので、午後1:45頃の予定。

日曜議会での一般質問は、以下のテーマになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日曜議会 12/4(日)PM1:45ごろ

小金井の貴重な緑と文化の財産である、野川やはけ(国分寺崖線)の市民参加での自然保全の歴史を学び直し、市民共有の財産として認識し、都市計画道路問題への対応に活用しよう。

1)野川やはけの貴重な自然が保全されている現在の姿は、市民が声をあげ続けてきた歴史の成果である。市は市民参加、市民発案の自然保全について、どのように把握しているのか。

2)環境配慮住宅型研修施設や、公民館の講座などと連携して、市民と協働しながら市が主催する講座やシンポジウムなどを開催し、全市的、全都的に、野川とはけの魅力を発信していかないか。

3)野川やはけの自然保全のための条例や計画を、市民参加で策定すべきではないか。

9月議会が始まりました!片山かおるの一般質問は9/6(火)11:00

片山かおるの一般質問。9/6(火)11:00からです。

1. だれもが差別されず共に生きる社会をつくろう

相模原の障がい者施設での大量殺人事件で、多くの市民がショックを受けました。今こそ小金井の中で「だれもが差別されず共に生きる〜共生社会」という理念を発信していくべきではないでしょうか。

1)市内の障がい者の生活状況と課題。

2)共生社会実現に向けての市の取組み。市長の見解。

 

2.原発事故避難者への支援について

5年前の原発事故による避難者への国からの住宅支援が来年3月に打ち切り、縮小されます。自治体での支援体制の強化が必要ではないでしょうか。

1)  小金井で把握している避難者の状況と市の支援状況。

2)  空家空き室活用など、独自の支援策を打ち出すべきではないか。

 

3.環境配慮住宅型研修施設を小金井の観光資源、自然・省エネルギーの発信地として活用しよう

1)「環境楽習館」と平行して「雨デモ風デモハウス」の名称も宣伝等に再度活用しないか。

2)環境意識啓発に有効活用するため、施設の利用見直しや施設運営の研修を。

3)エクセルギーの理論を市内の施設や民間、他市にも宣伝し活用しよう。

 

4.都知事選での市長会の対応について

1)増田候補推薦についてどこで議論されたのか。西岡市長の対応は。

2)公用車、公費を利用した市長会の場の政治活動利用は問題ではないか。

片山かおるの一般質問は6/10(金)AM11:00予定

片山かおるの一般質問(6/10(金)AM11:00より)

1.  生活再建型の納税相談ってどんなもの?困っている人たちのために庁内はもっと繋がるべきです。

静岡県掛川市では滞納整理業務を改善し、債権管理条例を作り、納税課が困窮者の生活再建支援を提案するまでに至っています。自立相談サポートセンターを、子ども食堂への支援、フードバンクなど、子どもの貧困対策の拠点としても有効活用できないでしょうか。子どもの貧困対策は、すなわちおとなへの支援強化でもあります。だれも見捨てないサポート体制をどのように確立できるのかを問います。

1)生活困窮者自立相談事業にかかる庁内連携の現状は。

2)掛川市の滞納整理業務、債権管理条例と債権回収整理計画、および生活再建型納税相談事業について

3)自立相談サポートセンターの今後。子ども食堂への支援、フードバンクなど、子どもの貧困対策の拠点としても有効活用しないか。子どもの貧困対策は、すなわちおとなへの支援強化でもある。

2.  教育費無償化にむけて、まずは就学援助の充実に取り組もう!

憲法で定められているにも関わらず、教育は無償ではありません。どのような環境に育つ子どもであっても教育を受ける権利を保障するために、就学援助の充実をはじめ保護者負担の軽減などを速やかに検討すべきです。

就学援助認定倍率が引き下げられたことによる影響を調べ、保護者負担の教材費等の詳細な調査を行い、公費負担を増やすべきです。

1)  就学援助認定倍率が引き下げられたことによる影響。

2)  就学援助認定にかかる生活保護基準の算定について。

3)  保護者負担の教材費等の詳細な調査を行い、公費負担を増やすべきである。

4)教育費無償となっていない現在、就学援助をもっと広報し充実すべきである。

片山かおるの一般質問(3/4(金)11:00より)

◇片山かおるの一般質問(3/4(金)AM11:00より)

1.  さわらび学童保育所の運営委託に関する問題に市はどう向き合うのか

第4小学校に併設するさわらび学童保育所の運営が、4月に行ったばかりの民間委託から直営に戻ることになりました。委託業者が来年度契約更新を希望しなかったため、市は再度プロポーザルで選考しようとしましたが、提案された補正予算は、議会審議の準備が整わず撤回されました。市は子どもの育つ場に責任を持って対応するべきです。

1)さわらび学童運営委託問題の経緯について

2)今後の運営について

3)一連の問題について第三者機関での検証を求める

 

2.  福祉会館と公民館本館はこれからどうなるのか

新福祉会館建設計画が確定しない中、現福祉会館閉鎖が迫っています。福祉会館と公民館は市民活動にとって重要な施設であり、市民検討委員会を有効に活用すべきです。

1)福祉会館の仮移転の進捗状況。利用者の活動保障は

2)公民館本館のこれまでの事業はどうなるのか。利用者の活動保障は

3)公民館事業全体の今後の方向と果たすべき役割。講座アーカイブの必要性

4)市民検討委員会で、場所の選定も含め、福祉会館と公民館のあり方について多角的な議論を早急に開始し、方向性を検討するべきではないか

 

3.  生活困窮者自立相談事業の充実と庁内各部署の連携について

庁内での連携がなく、支援を必要とする人が適切な支援を得られていません。自立相談サポートセンターの事業を充実し、効果的な困窮者支援を検討すべきです。

1)  納税課で捕捉している税金滞納者への支援はどのようなものか

2)  滋賀県野洲市のような庁内連携要綱を作り、納税課と自立相談サポートセンターが連携すべき

3)子ども食堂への支援、フードバンクなど、自立相談サポートセンターを子どもの貧困対策の拠点としても有効活用しないか