カテゴリー別アーカイブ: 市庁舎・福祉会館・公民館

新福祉会館建設計画案に対する会派意見を出しました

新福祉会館建設計画についてパブリックコメントの締め切りは、12/21(木)PM11:59です。

12/20には議員間討議が行われ、概ね2/3以上の議員が賛成する事項について、議会として一致する意見を市長に出すことになりました。

それ以外、また、会派としての独自の意見は、パブコメ終了と同時期までに提出することになっています。

「緑・市民自治こがねい」としての意見は以下になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(仮称)新福祉会館建設基本計画に対する意見

 

緑・市民自治こがねい

 

1 「公民館本館を新福祉会館に設置すべきである。」

旧福祉会館でも社会福祉協議会などと連携しながら、社会教育と社会福祉をつなぎ、関心がなかった市民にも社会福祉を知ってもらう一助となっていた。新福祉会館内に公民館本館として機能できる施設と事務局機能を置くことにより、他5館との連携をはかりながらより全市的に社会福祉への関心を広げていくことが可能となる。

庁内に設置されるべき市民協働支援センターや、新福祉会館内のボランティアセンター・市民活動センターと連携しながら、多様な市民をつなげ、困難課題を共に解決する住民自治の根幹となるのが社会教育の本来の役割であるとも言える。

建設計画案の中には、公民館本館でおこなってきた事業や講座を開催することが記されている。講座や事業開催には、事務機能が必要であり、本館職員が本町分館から事業ごとに新福祉会館に出張するのはナンセンスである。

現在の本町分館では果たせていない、公民館本館としての業務を行えるよう、公民館本館事務室、学習室、視聴覚室、資料室など、公民館本館としての機能を整え、市民活動の場を確保するべきである。

 

2 「福祉総合相談窓口は庁舎内に設置すべきである。」

どこに相談したらいいかわからない、複合的に困難課題を抱えている市民が、まず頼るのは、市役所である。そして速やかに問題解決するためにも、庁内の各担当にスムーズに繋げる必要がある。本来は、生活困窮者自立支援事業のモデルケースとなっている滋賀県野洲市の市民生活相談課のように、庁内が見渡せる位置に設置し、税の窓口で困っている人などを見つけ出す、庁内でアンテナを張って他部署から聞き取って困っている人への支援を行うなど、窓口で待っているだけではなく庁内でのアウトリーチを行い、各担当に集まってもらって相談できるような窓口が理想。やはり庁内に設置されている富士宮市の福祉総合相談窓口も直営のため、各担当を呼び出す権限があるので参考になる。

そもそも、計画案にあるように市役所は敷居が高いので相談しにくいと思われることがないよう、全ての窓口が福祉総合相談窓口としての機能が果たせるぐらいに、各職員がプロ意識を持って市民サービスの向上に努めるべきである。

特に庁内の福祉関係の部署においては、社会福祉士などの資格を持つ人を正規職員として専門職採用すべきである。

 

 

3 「市民協働支援センターは庁舎の基本計画にあるように庁舎内に設置すべきである。」

市民協働のありかた検討委員会の答申を尊重し、ソフト、ハード面においてどのように実現できるかを、詳細に検討すべきである。コミュニティ文化課を解体して、市民協働支援の専門担当課を作るなどして、庁内全体の市民協働支援体制を充実するべきである。ハード面に記載されている、市民の会議室、活動場所、メールボックスなどは、新福祉会館に設置すべき公民館の機能と整理をしながら、庁内にも適宜設置すべきである。

今の計画のままでは、これまでの準備室となんら変わらない。市は自らの責任を放棄し、市民に安く丸投げするために、市民協働という制度を利用しているかに見える。

市民協働契約、協定、条例などの制度を整え、市民協働の市政を進めて行くためには、庁内の中心部に設置し、市民協働を前面に出した庁内体制を目指すべきである。

 

4 「高齢者や障がい者等の使いやすい会議室、サロン的な居場所と障がい者が運営するカフェの設置を。」

旧福祉会館にあった、福祉関係団体が定期利用できる会議室、1Fにあった囲碁や将棋ができる誰でも集えるサロン的な居場所が必要である。

定期利用については、高齢者、障がい者、子育て団体など福祉関係団体が優先的に予約することができて、空いているときは一般に貸し出すなど、旧福祉会館にならう形で運営するのが良いのではないか。

庁舎との調整もあると思うが、りんくの店のような、障がい者作業所の販売ブース、障がい者が運営するカフェなどを設置することが必要と考える。

 

5 「保健センターは移転中止か、面積縮減を。子ども家庭支援センターも面積縮減を。」

保健事業の中身を整理し、各地域での健診体制を作るなど、現在の健診事業の見直しが必要。現在は夜間も土日もほぼ使用しない施設となっている。非常に広い面積を占有するため、利用率が低い施設を市の中心部に置くのは非合理的である。

子ども家庭支援センターのひろば事業は各地域でのひろば事業の充実を第一にし、一極集中ではない、地域での子育て支援体制を充実するため、新福祉会館内への設置は最低限にとどめ、専用面積を縮減するべきである。

 

 

6 そのほか

 

P1

1)一行目

(現行)一人一人   (修正) 一人ひとり

 

P8

1)最下段

(現行)築いてまいります。 (修正)築いていきます。 ※ 謙譲表現を使っている理由は?

 

P13 【機能イメージ】

(現行) ・多くの市民が自由にできたり、イベント会場としても活動できる場

(修正) ・多くの市民が自由にでき、イベント会場としても活動できる場

※ ~たりは、並列助詞。~たり、~たりと繰り返すのが使い方

 

P20 未導入となって機能の検討結果について 三段落目

関係者との将来を見据えた検討が行われていること

→ 将来を見据えた検討が行われているのか、不明瞭だと受け止めている。今後の方向性について、可能であれば、未導入機能の今後の整備予定を表に追記を。

 

P20 未導入機能について

 

◆悠友クラブ連合会事務局

現在、仮移転している社会福祉協議会事務局等に含まれる機能から悠友クラブのみが移転しないことになった。その理由はどこにあるのか。

 

◆シルバー人材センター

事務室機能と作業スペースは同一箇所に設置されるのが好ましいと考えている。働くことを通じて高齢者の生きがいを作る役割は重要だが、福祉ではなく就労の場であるため、福祉会館に導入されなくとも良いと考えている。

 

◆福祉共同作業所

元来、新福祉会館に導入することで話が進んでいた。それが市の判断で入らないことになったため、共同作業所は、現在の場所にい続けたいとした経緯があると理解している。しかしながら、暫定移設のため、それは困難であり、地域共生社会実現の拠点としている福祉会館に導入されるべきと考えている。環境の変化を不得手とする方もおり、移転回数は最小限に留めるべきであることから、利用者の声を第一に尊重し、対応していただきたい。

地域共生社会の実現のための拠点と掲げているにも関わらず、元来導入予定だった機能がはいらず、更に今後の配置についても見通しが立っていない現状をとても憂いている。

 

◆障害者地域自立支援センター

導入されない理由はどこにあったのか。現在の場所は、交通が不便で通いにくいという声、日が沈むと暗くて怖いという声を聞く。交通の便の良いところへの移転もしくはCocoバスのルート設定等の対応が必要だと考える。センターとしっかり協議をしながら進めていただきたい。

 

P22

(2)福祉総合相談窓口【相談イメージ】2つ目

(現行)市役所に行きづらいので気軽に相談できる場所が欲しい。

(修正)市役所に行きづらい方へ気軽に相談できる場所を提供する。

※ 市民目線で書かれている。市役所に行きづらい方の受け皿となる場は必要だが、市役所に行きづらいと判断した理由を整理し、行きやすい市役所を目指していただきたい。

 

福祉総合相談窓口【相談イメージ】4つ目

(現行)複数の相談窓口で同じことを何度も繰り返して伝えることが精神的、肉体的に負担が大きい。

(修正)複数の相談窓口で同じことを何度も繰り返して伝えることにより、精神的肉体的に負担がかかっている現状を解消する。

※ 現状の窓口体制の記載にとどまっている。

 

(2)福祉総合相談窓口【相談イメージ】最下段

(現行)市役所には制度的に存在しない場合でも解決の道筋となるよう、お話を伺う。

(修正)市役所には制度的に存在しない場合でもお話を伺い、解決の道筋を探る。

※ 話を聞くことが目的なのですか。相談事例の図には「話を聞き、一緒に考え、解決策を探す」とあるため、

 

P28 【エントランス・受付カウンター】

手話や筆談にも対応できることが必要である。緊急時、音声での対応は?また、日本語を不得手とする方や、知的障がいのある方にも適切に情報を得られるよう、やさしい日本語の活用が必要だと考える。

 

 

P28 【エレベーター計画】

モニター設置には賛成できない。本来は不要だと考えるが、せめて“防犯カメラ”に留めるべき。“防犯カメラ”設置ではなくモニター設置の根拠は?“モニター設置は何の例規に基づいているのか。防犯カメラ”の場合はモニターがあるところでしか確認できないが、モニター設置だと常時映し出されていて、誰でも観ることができてしまう。例えば、DV被害者がモニターに映っていて、エレベーターホールでそれをみた加害者がエレベーター前で待ち受ける等の事態は発生しないか。

録画することと、それを広く誰でも視聴できることは意味が違う。

 

 

 

10/22 議会報告会のお知らせ

小金井市議会では議会基本条例に則り、議会としての報告会を年1回以上、開催することになっています。今回は、今の小金井にとって最も重要な、新庁舎と新福祉会館に関する意見交換会を予定。
各会派からの意見表明もあります。ぜひお気軽にお越しください!
※手話通訳あり ※保育の予約も受け付けています。
日時:10月22日(日) 15:00~17:00
場所:本庁舎3階 第一会議室
問い合わせ先:議会事務局(042-387-9947)

市民自治こがねいの「散歩だより」98号を発行しました

今回の散歩だよりでは、庁舎と福祉会館の建設については、今、どんな状況なのか、なんとかわかりやすく伝えたいと図で説明。

そして問題となる点を指摘してみました。

また、市民の活動から出てくる様々な声を特集。

「小金井に映画館をつくろう」プロジェクトが始まったこと、マイクロプラチックのゴミのこと、沖縄の基地問題など、ぜひご一読ください。

https://www.sijiko.com/散歩だより/

6/2から第二回定例会が始まりました。6/5は庁舎・福祉会館などについての全員協議会

6月議会は議案が少ない議会ですが、改選後初の議会ということで、様々な調整が行なわれています。

○今回の前半の任期で、片山が所属する厚生文教委員会では、継続して審議するための調査の柱を提案中。5/31には有志で、緑町に新設された「けやきの森こども園」の視察に行きました。有志企画ですが、厚生文教委員全員が参加。
今後も、市内の各施設の視察や各事業のヒアリングを委員会や有志として、勢力的に行なう事で、現場に即した課題解決に取り組みたいと考えています。

○庁舎と福祉会館等に関する特別委員会は全会一致で設置予定。行革特別委員会も何会派から提案される予定。

○6/5には、庁舎、福祉会館、清掃関連施設の庁内検討状況に関する全員協議会が開かれます。ここでの報告を聞いて、特別委員会での議論に活かし、7月から始まる市民検討委員会の議論にもつなげられたら、と思います。

○補正予算4,085万円9千円が提案されています。
大きな問題となるのは、前原5丁目と貫井北町に設置される監視カメラの予算です。都の補助金を使って、前原5丁目には6台、貫井北町には21台のカメラが設置されようとしています。住民にはなんの説明もなく、同意も求められないまま進められているのは問題です。
現在、駐輪場が無くなってしまった東小金井駅の東側に、349台が平置きできる600㎡の自転車駐車場が新たに設置されます。
国の方針に則り、就学援助の入学準備金が小学校21,470円から40,600円に。中学校24,550円から47,400円に大幅アップ。しかし実際にかかる入学時の準備金にはまだ足りません。議会からの指摘に応え、来年からは入学前に支給することになり、その予算も計上されました。
5/1現在の人口は119,843人。まもなく12万人を突破しそうです。12万人を超えた日用に記念品の予算が組まれました。

◆今回、通告をし損なってしまい、片山の一般質問はできなくなりました。大変に反省しています。住宅セーフティネット法改正、子どもの権利条例、道徳の教科書採択などについての質問を予定していましたが、厚生文教委員会の所管事項での質疑や、意見書提出などで、対応していこうと思います。

市民活動の拠点となる新庁舎と新福祉会館を!

「市民活動の拠点となる新庁舎と新福祉会館を!」

閉鎖された福祉会館は、公民館本館の利用者と障がい当事者が出会える貴重な場所でした。定期利用団体や作業所の店などの代替施設を今すぐ確保し、中町3丁目の庁舎建設予定地に、新庁舎と新福祉会館を早急に建設すべきです。

「福祉会館には公民館を併設」

せっかくの機会です。これからの小金井を「こんな町にしたい」と思える、市民活動の拠点となる庁舎と福祉会館にしませんか?

今の市長の方針には、公民館本館が含まれていませんが、社会教育施設である公民館には、市民が主体のまちづくりを進める役割があります。住民参加型の福祉を、公民館本館も含む新福祉会館建設の中で実現しましょう。

「どんな市庁舎が理想?」

視察した愛知県犬山市や静岡県掛川市の庁舎は、市民活動のスペースが至るところにある環境配慮した庁舎です。立川市の庁舎は入ってすぐに障がい福祉の窓口があり、作業所が運営するレストランが併設。市民活動に使えるスペースも確保。これまでの議会の研究の成果を市民と共有し、早急に議論を進めるべきです。

そして、市民要望がもっとも多い図書館本館の計画策定にも、たくさんの市民参加のもとで取り組みましょう。